コラム

COLUMN

【解決事例】資料提出通知書(追加資料の要求)が届いた時

1.はじめに 入管へビザ申請を行った後,「資料提出通知書」という書類が届くことがあります。 入管から資料提出通知書(追加資料の要求)が届いた場合,どのような書類を準備したらいいのか,説明文の書き方がわからないといったお悩みを抱えている方は多くいらっしゃると思います。今回は,その資料提出通知書についてご説明致します。 2.資料提出通知書とは? 資料提出通知書は,審査過程において不明点が発生した場合に,不明点を明らかにするために入管が求めるものです。例えば,提出した書類に不備がある場合,提出した書類では明らかとなっていない事項がある場合,提出した書類に疑義がある場合など,様々なケースが想定されます。 何もやましい事がなくても資料提出通知書が送られてくると,「不許可になるのではないか」,「何を提出したらいいのかわからない」,「求められた説明文をうまく作成できない」など,混乱してしまう方も少なくありません。 しかし,適切な対応をすれば許可の可能性は十分にありますので,まずは落ち着いて対応することが重要です。 3.資料提出通知書が届いた場合,どう対応すべきか? 資料提出通知書で求められる追加資料や説明文は,ビザ申請の許可・不許可を分ける重要な資料となります。そのため,入管からの追加資料・説明文の提出要求に対して,無視をしたり,適当な回答や的外れの回答を行うと不許可のリスクが非常に高まります。真摯に入管対応していれば許可となっていた可能性があったにもかかわらず,このような不誠実な対応で不許可となるのは非常にもったいないです。 当社においても,資料提出通知書の対処方法を間違えて不許可となってしまったという相談が多数ございます。そして,その多くが適切に対応をしていれば許可となっていたのではないかと想定されるケースです。また,不適切な対応をとってしまったがために不許可となったケースで再度申請するとなると,入管は不許可となった申請の資料を保管しているため,再申請にも悪影響を与えることになってしまいます。 このような不幸な事態を招かないためには,資料提出通知書が届いた場合に,慌てることなく,資料を求めている入管の意図を知ることに努めてください。この作業は,非常に高度な知識を要するため,ご自身での分析が困難と判断された場合には,早めにビザ申請の専門家に相談することをお勧めします。 4.資料提出通知書の提出期限 また,資料提出通知書には提出期限が設けられています。通常,2週間程度の期限が設けられているので,時間との勝負になります。仮に,期限内に追加資料を提出することができない場合には,すでに提出された書類のみで審査を完了する旨の記載がされています。そのため,提出期限の遵守についても意識をする必要があります。 もっとも,外国から資料を取り寄せなければならない場合や,求められた提出資料が期限内に作成できない場合などは,入管に事情を説明し,期限の延長を求める連絡をしてください。決して,連絡なしに資料提出通知書の提出期限を超過してはいけません。 5.資料提出通知書の対応の重要性 資料提出通知書を入管から受け取ると,追加資料提出までは入管での審査は通常ストップしています。資料提出通知書に基づき追加書類や説明文を入管に提出した後,審査が再開されます。しかし,提出した書類や説明文に更に不明な点や提出した書類に不備があった場合には,再度の資料提出通知書が送られてくることもあります。そのため,最初の資料提出通知書の対応は非常に重要です。 ただ,入管申請の専門家でない場合には,入管の担当審査官が求めている意図を理解し,その意図に沿った詳細な説明をし,説明に合致した証拠を提出することは困難を伴います。このような場合は,一人で悩まずにビザ申請に特化している行政書士に相談されることが解決までの一番の近道です。 6.今回の事例における対処方法 配偶者ビザの審査要領には,社会通念上の夫婦の共同生活を営むといえるためには,特別な理由がない限り,同居して生活していることを要すると記載があります。 夫婦としての共同生活の実体を判断する上で,同居の有無が重要な考慮事情となるとしても,今回の事例のように夫婦によって種々の事情があります。 今回の事例では,Bさんは中国に兄弟姉妹や頼れる親戚がおらず,Bさんしか父親の看病をする人がいませんでした。また,Bさんが中国に滞在中,夫のAさんは2,3週間に1度,Bさんが滞在する中国に渡り,Bさんの父親の看病をBさんと一緒にしていました。 そこで,お父様の入院記録,ご主人様の渡航歴を示す資料と共に,具体的な理由を記載した説明文を提出しました。通常の在留期間更新許可申請の審査期間に比べると,審査期間は長くかかりましたが,結果的に無事に更新許可を得ることができました。 7.さいごに 本ページでは,資料提出通知書についてご説明しました。 資料提出通知書で求められる提出書類や説明文は,ビザ申請の許可・不許可を分ける重要なポイントになります。 場合によっては,入管との行政交渉も必要とすることから,資料提出通知書で迷っているのであれば,ビザ専門の行政書士へ早期にご相談ください。入管申請の専門家である行政書士が,お客様の状況をヒアリングしたうえで,資料提出通知書に沿った書類提出をサポートいたします。…

【解决事例】交往期间过短时的对应方法

1.仅仅只是同日本人国际结婚难道不能申请签证吗? 日本人同外国人结婚的时候,肯定能取得配偶者签证吗? 从日本人的权利角度来强调的话,同家人分离是非常不利的事情,从这个角度考虑,当然要给与配偶者签证。 但是,日本的入管政策不是打破国境实现国际化,而是在国境开一道门,增加国际化。因此,也不能说同日本人国际结婚,外国人就能无限制的留在日本。在申请配偶者签证时,会着重严格审查“夫妻在日本生活时是否有稳定的经济基础”以及“是否是真实的婚姻”这2点。 也就是说,国际结婚并不意味着就一定能获得配偶者签证。 2.配偶者签证的审查中会被确认的事情 如上所述,配偶者签证时会着重审查两大点,一点是“夫妻在日本生活时是否有稳定的经济基础”,另外一点是“是否是真实的婚姻”。 那么接下来分别对这两点进行说明。 第一点的“夫妻在日本生活时是否有稳定的经济基础”。如果夫妻生活存在经济上的困难的话,则配偶者签证不许可的风险就高,因此,为了可以安定的在日本生活,需要有足够的收入或者资产。 另一点的“是否是真实的婚姻”。真实的婚姻指的是,夫妻两人同居,婚姻生活是否有互帮互助的意思。 但是,想要证实婚姻的真实性并不容易。为什么这么说,因为这是关系到内心的表明。因此,在证明婚姻真实性时,从客观上证明就变得非常重要。 3.关于真实婚姻时的“交往期间”的衡量标准 那么,问大家一个问题,甲同乙结婚,两人的婚姻是真实的吗? 突然被这么问的话,首先肯定会回答“不知道谁是甲谁是乙,也不知道他们如何交往如何结婚的,无法回答这个问题。” 如果能非常自信的回答是真实婚姻的话,则一般都是同当事者有较长时间往来的朋友等,对于并不认识的人,无法判断对方是否是真实的婚姻。但是,如果加上这对夫妻交往3年后结婚这个事情的话,会不会觉得婚姻应该是真实的? 那么,甲同乙相识一个月左右结婚,这种情况的话如何呢?交往经历过短,是否会觉得离婚率或者伪装结婚的可能性很高呢? 大家对比一下以上的例子,入管也应该是会有一样的感觉。像这样,审查这个结婚是否是真实的婚姻,首先入管要检查的是交往期间的长短。交往期间是一个容易理解的度量单位,它可以证明婚姻的真实性。 4.交往期间长的优势同短的劣势 交往期间长的话,则对自身是一个非常有利的事实,除此之外,交往时间长还有其他的优势。比如交往期间长的话,会有很多夫妻的合照或者交流信息,像这样可以证明两人交往的实际材料越多的话,则越容易向入管证明两人交往的实体。 另一方面,交往期间过短的话,则通常能够证明交往事实的材料很少,因此,在向入管说明两人是真实婚姻的时候,需要从多方面证明。 但是,也不能说考虑到交往期间过短,不利于审查,因此就捏造其实两人很久以前便相识的虚假经历。如果像写故事一样叙述假的交往经历,想浑水摸鱼的话,入管肯定是会一眼看出事实真相,最后很有可能就导致不许可的悲惨结果。就算除了捏造的部分以外,其他都是事实的话,也有可能被怀疑是真是假,所以千万不能提交违背事实的材料。 交往期间过短确实有一定的劣势。但这并不是会造成不许可的因素。回想一下自己的交往经历,只要能准备证明自己交往实体的材料,就算交往经历过短,也有很多获得配偶签证的事例。 5.配偶签审查时的严格要素 除了交往期间过短以外,还有其他造成审查严格的因素。以下介绍几个都是利用伪装结婚等的犯罪事例,像这样的情况都会格外严格审查。 比如,日本人婚史过多的话也会严格审查。 日本人同外国人国际结婚,外国人配偶者入国以后,没过一段时间又离婚,并再同其他的外国人结婚。为了让外国人入国,像这样一而再再而三的伪装结婚的情况也是屡见不鲜,因此,日本人婚史多的情况有被严格审查的倾向。 除此之外,如果是在网上或者婚姻介绍所认识外国人配偶者的话,也有被严格审查的倾向。如果年龄差距过大,两人是真心相爱,还是为了获取利益而伪装结婚,还是只是为了在日本工作而欺骗日本人等,入管会慎重审查这些内容。 不过,以上介绍的这些情况,只要两人是真心相爱最后步入婚姻生活,不是虚假捏造的话,都应该要真实的说明自己的交往经历。就算有造成审查严格的因素,只要能从多方面收集证明交往实体的证据,全面证明自己婚姻的真实性,取得配偶者签证也不是不可能的事情。 6.最后 两人经过恋爱,最后结婚,婚姻的真实性是不可否定的。提交能够向入管审查官如实说明两人交往经过的真实材料,拿到配偶者签证的可能性还是很高的。 准备哪些能够证明交往实体的材料,如何用这些材料去证明,需要建立一个完整的策略去准备材料。 每个人的恋爱情况都不尽相同,到结婚为止男女之间的感情也会发生各种各样的变化,也会有各种不一样的回忆。也许过程之中还有一些意想不到的东西能够作为证明实体的证据。 因为交往经历过短,而无法证明交往实体,最后放弃。是和爱的人在一起还是继续远距离恋爱,早下决断也是一个正确的选择。 这次的相谈案件中,两人是在网上认识,并且还是东京和大阪的远距离恋爱,到结婚为止两人见面的次数也不多。交往期间只有3个月也不算长。 因此,在申请A小姐配偶者签证的时候,需要详细说明夫妻两人的交往实体。对两人的交往经过进行了时间段的确认,准备了相应的照片。加之两人是在网上联系,有大量的通信履历。在此,我们准备了交往经历,照片,通信履历,准备了可以回忆他们从认识,到交往,到最后结婚的这一过程的材料。 了解了他们的交往细节,沿着这些准备材料,让事实与证据紧密衔接,最后,A小姐顺利的从留学签证变更成配偶者签证。之后,两人还生了孩子,现在在大阪幸福的生活着。 可能对很多人来说不知道该准备哪些材料来证明交往实体。 以我们的经验来说,详细了解情况,也有很多意料之外的材料反而能证明夫妻的交往实体。并且,不仅仅是直接证明,间接事实的积累,从而成功证明交往实体的事例也有过。 您可以利用我们的免费面谈,让我们倾听您的不安,为您解决问题。…

【解決事例】交際期間が短い場合でも配偶者ビザ申請が許可される方法

1.国際結婚したから配偶者ビザが取得できるわけではない… 日本人と外国人が国際結婚した場合,必ず配偶者ビザは許可されるのでしょうか。 日本人側の権利だけを強調すれば,家族が離れ離れになるのは不利益であることから,当然に配偶者ビザは許可されるべきとも考えられます。 しかし,日本の入管政策は国境の壁をなくす“グローバル化”ではなく,国境の壁はそのままで,壁にある門を広げたり,増やしたりする“国際化”と言われるものです。そのため,日本人と国際結婚したからといって,外国人が無制限に日本に在留できるわけではありません。配偶者ビザの申請にあたっては「夫婦が日本で生活していく上で安定した経済基盤があるかどうか」「結婚が真実婚であるかどうか」という2つのポイントが厳しく審査されることになります。 つまり,国際結婚=配偶者ビザの許可ではないということです。 2.配偶者ビザ申請の入管審査において確認されること 先述のように,配偶者ビザ申請の入管審査に当たっては二つの大きなポイントがあります。1つが「夫婦が日本で生活していく上で安定した経済基盤があるかどうか」であり,もう1つが「結婚が真実婚であるかどうか」です。 それぞれのポイントについて,ご説明していきたいと思います。 1つ目のポイントは「夫婦が日本で生活していく上で安定した経済基盤があるかどうか」。 ご夫婦の生活が経済的に困窮する可能性がある場合には,配偶者ビザが不許可となる可能性が高くなります。そのため,日本で安定した夫婦生活を送るに足る収入や資産が必要とされています。 そしてもう1つのポイントである「結婚が真実婚であるかどうか」。真実婚とは,ご夫婦が同居し,お互いを扶助し,協力し合う意思をもって結婚をしているかという事です。 しかし,真実婚の立証は容易ではありません。なぜなら,それは内心に関わることだからです。そのため,真実婚の立証については,客観的な証拠が重要になります。 3.配偶者ビザ申請のポイントとなる “交際期間”について さて,皆さんに問題です。甲さんと乙さんが国際結婚しました。この人たちは真実婚でしょうか? 突然このように問われた場合,まず間違いなく,「甲さんと乙さんはどのような人で,どのように付き合って,どのように国際結婚に至ったのか知らないからわからない。」とお答えになると思います。 自信満々に真実婚だ,と言える人は当事者と付き合いの長い友人くらいで,見ず知らずの人の国際結婚について,真実婚かどうかを判別する事は不可能です。ですが,この夫婦が3年に亘る交際の末,国際結婚したという事情を付け加えるとどうでしょう。なんとなく真実婚であるような気がしませんか? では,甲さんと乙さんが知り合ってから1ヶ月で国際結婚したという場合はどうでしょうか。付き合っている期間が短いことから,離婚する確率や偽装結婚である可能性が高いように感じないでしょうか。 みなさんが上記の二つの例の比較で感じたことは,入管審査においても同じように感じるはずです。このように,その国際結婚が真実婚であるかどうかを審査するにあたり,まず入管がチェックするのが交際期間の長短です。交際期間は婚姻の実体を示す分かり易い物差しとなるのです。 4.配偶者ビザ申請する際に交際期間が長い事のメリットと短い事のデメリット 配偶者ビザ申請する際,交際期間が長い場合には,それ自体が有利に働く事実になります。また,交際期間が長いという事は他にもメリットがあります。というのも,交際期間が長ければ夫婦で撮影した写真やメールなど,お二人の交際の事実を証明する資料が多く残っており,交際の実体を入管に証明しやすいのです。 他方,交際期間が短い場合,交際の事実を示す証拠も少なくなるのが通常です。そのため,真実婚であるかどうかを入管に説明する際には,多方面から証明する必要が出てきます。 とはいえ,交際期間が短いから審査で不利になりそうだと考え,実際よりもずっと前から交際をしていたなどと話を捏造したりすることは言語道断です。物語として上手に書け,誤魔化せていると思っていても,入管審査ではまず間違いなく見抜かれ,配偶者ビザが不許可になってしまうという悲惨な結果が待っています。仮に捏造した箇所以外はすべて真実だとしても,その真偽も全て疑われて不許可なってしまいますので,真実に反する書面を提出することは絶対にやめてください。 確かに,配偶者ビザ申請の入管審査において,交際期間が短いことはデメリットではあります。しかし,必ず配偶者ビザ申請が不許可になるわけではありません。自分たちの交際を振り返り,交際の実体を示せるものを準備することが出来れば,交際期間が短くても配偶者ビザが許可されている事例はたくさんあります。 5.交際期間が短い場合以外に配偶者ビザの審査が厳しくなる要素とは? 交際期間が短いこと以外にも,配偶者ビザの入管審査が厳しくなりがちなケースがあります。下記の例はいずれも偽装婚などの犯罪に利用されたために,入管も慎重に審査するようになっています。 例えば,日本人側に離婚歴が多い場合は審査が厳しくなりがちです。 日本人が外国人の方と国際結婚し,その外国人配偶者が入国して暫くして離婚し,また別の外国人の方と婚姻する。このような偽装婚を繰り返し,外国人を多数入国させたケースがかつては見られたため,日本人側に離婚歴が多いと審査が厳しくみられる傾向にあります。 他には,出会い系サイトや結婚相談所で外国人配偶者と出会ったというケースにおいても,審査が厳しくなる傾向にあります。とりわけ年齢差が大きいと,本当にお互いに愛し合っているのだろうか,営利目的の偽装婚ではないだろうか,単に日本で働きたいために日本人を騙しているのではないだろうかなどと,入管は慎重に審査をします。 しかしながら,上記のケースに当たっているとしても,しっかりと愛し合って婚姻に至ったのであれば,隠したり嘘をついたりするのではなく,出会いの経緯を正直に伝えるべきです。たとえ入管審査が厳しくなる要素があったとしても,交際の実体を示す証拠を多角的に集め,しっかりと真実婚を証明できれば,配偶者ビザを取得することは不可能ではありません。 6.配偶者ビザ申請で交際期間が短い場合のまとめ お二人が大恋愛の末に結婚されたのであれば,間違いなく婚姻の実体はあるはずです。交際の実体をしっかり入管の審査官に伝わるように書類を準備する事ができれば,配偶者ビザの許可の可能性は高まります。 交際の実体を証明するためにどんな資料が必要で,その資料をもってどのように証明しようとしているのか,戦略をしっかりと考えた上で資料を準備するようにしてください。 人の恋愛は十人十色,千差万別です。結婚に至るまでの男女の仲においては様々な事があり,数々の思い出があると思います。意外なものが交際の実体を示す証拠になったりします。 交際期間が短いから,交際の実体の証明がまだ無理だろうと諦め,愛する方と遠距離恋愛を続けると決めるのは早計です。 今回のご相談のケースにおいても,出会いはインターネット上であり,また東京と大阪の遠距離恋愛であったこともあり,結婚に至るまでお二人が会った回数は多くありませんでした。交際期間も3ヶ月と決して長くはありませんでした。 そのため,Aさんの配偶者ビザ申請にあたり,ご夫婦の交際の実体をしっかりと示す必要がありました。交際経緯については時系列に沿って詳しくお話を伺い,それに対応したお二人の写真も準備してもらいました。また,インターネット上でやりとりをしていたため,大量の通信履歴も残っていました。そこで,交際経緯と写真,通信履歴をリンクさせ,お二人が知り合い,交際に発展し,結婚に至るまでの流れをフィードバックできるような資料を準備しました。 詳細にヒアリングをし,それに沿ってどのような資料が存在するかを検証し,事実と証拠を綿密につなぎ合わせていった結果,無事にAさんは留学から配偶者ビザへの在留資格変更許可を受けました。その後,お二人の間にはお子様が生まれ,現在ご夫婦は大阪で幸せにお子様と共に暮らされております。 一般的には,何が交際の実体を示せる証拠になるかわからないことが多いと思います。 私たちの経験でも,ヒアリングを進める上で,思わぬ書類がご夫婦の交際実体を示す有益な資料になったこともしばしばございます。また,直接的な事実のみならず,間接的な事実の積み上げによって,交際期間が短くとも交際実体の立証に成功した事例もあります。…

【解决事例】同技能实习生国际结婚后取得配偶签证的方法

1.同技能实习生结婚的跨国婚姻的增加 到2019年6月为止,据说日本的技能实习生有28万人以上。 同以前相比,我们看到外国人的机会增加了,同时接触的机会也增加了。 其中,技能实习生同日本人相遇并结婚的国际结婚事例也在增加。 另一方面,出于无论如何都想留在日本的想法,技能实习生选择通过国际结婚这一方法取得配偶者签证的情况也是事实。 当然,伪装的国际婚姻是不应该被承认的,入管审查也会着眼于这一点进行严格审查。 不过,配偶签证是否是真的,取决于内心,在这种玉石混合的情况下,出入国在留管理局是如何审查的呢。 接下来一起来看看我们事务所是如何探讨技能实习生通过国际结婚取得配偶者签证的事例。 2.技能实习制度指的是 技能实习制度是什么样的制度呢。我想应该有很多人听过技能实习这个词,但是很少有人知道具体是一个什么样的制度。 根据厚生劳动省的官网记载,“外国人技能实习制度是为了在先进国家的日本发挥作用的同时,谋求与国际社会和谐发展,将技能,技术或知识转移到发展中国家等,协助开发发展中国家的人材开发等。 也就是说,技能实习制度的宗旨是让技能实习生学习日本的技能,技术,知识,将在日本学到的技能带回本国,承担本国的经济发展。也就是说,在技能实习制度上,从把在日本学到的东西带回本国的观点出发,也就可以理解技能实习的前提是实习结束后必须要回到本国。 那么,技能实习生不回国而申请变更配偶签证的情况的话,出入国在留管理局是如何判断的呢。鉴于技能实习制度的宗旨,一律不允许技能实习生申请在留资格变更许可吗。 接下来的章节来具体了解这方面的问题。 3.即使跨国结婚,技能实习生的配偶者签证申请也被入管法禁止!? 根据技能实习的现行制度,计划当中技能实习生是需要回到本国。 因此,原则上从技能实习开始的在留资格变更许可申请,可以认为实务上没有这个预定。 作为例外,技能实习生的配偶怀孕的情况,以及孩子出生等,需要人道考虑的情况下,有可能允许技能实习变更为配偶者签证。 那么,在什么样的情况下是被认可的呢?我们分场景具体分析。 【技能实习当中的情况】 在这种情况下,一般都需要取得监理团体和实习实施机构的从技能实习变更为配偶签证的同意书。 如果不能从监理团体,实习实施机构取得该同意书,将难以从技能实习变更为配偶签证。 也就是说,在技能实习当中的话,分水岭则是否能从监理团体,实习实施机构取得在留资格变更相关的承诺书。 【技能实习结束后】 完成技能实习计划时,需要修了证。 修了证没有发行的情况下,提出可以代替这个的代替文件。 在这种情况下,如果被认定为技能实习没有顺利完成,那么从技能实习签证变更配偶者签证将变得更加严格。 另外,即使技能实习结束后,如果可以从监理团体,实习实施机构取得在留资格变更的承诺书,则建议在申请配偶者签证时附上这份材料。 如上所述,即使是国际结婚,技能实习生的配偶者签证申请也需要与通常情况不同的书面材料。 另外,即使在技能实习中,技能实习结束后,国际结婚本身是没有限制。 但是,为了避免以后的纠纷,也应该向监理团体和实习实施机构报告国际婚姻的事实。 4.技能实习中的活动内容对配偶者签证有影响吗? 配偶回国后,即使选择办理再次去日本的手续,也要牢牢把握“技能实习课程是否良好完成”这一点。 在出入国在留管理局的审查中,申请在留资格认定证明书时,也会受到过去的在留状况的影响。因此,是否良好完成技能实习课程是取得配偶者签证时非常重要的一点。 另一方面,中途放弃技能实习的人和逃跑的人会怎么样呢。即使两人是真心相爱,是否还是会因为中途放弃技能实习,或者中途逃离,而无法取得配偶者签证。 如上所述,由于出入国在留管理局也会审查过去的在留状况,所以对于中途放弃技能实习和逃跑的人,有严格审查的倾向。 因此,如果不关注这一点的话,配偶签证的不许可风险就会增大。 5.配偶签证的审查重点 想要取得配偶者签证,首先必须抓住审查重点。 审查重点虽然划分的很细,但是大致可以归类为以下2个重点。…

【解決事例】技能実習生と国際結婚して配偶者ビザを取得する方法

1.増加する技能実習生との国際結婚 2019年6月現在,日本には技能実習生が28万人以上いるといわれています。 本ページをご覧いただいている方も,以前に比べて外国人の方々を見かける機会が増え,また接する機会も増えたと感じられているのではないでしょうか。 そんな中,技能実習生と日本人が出会い,結婚をするという国際結婚事例も増えています。 一方で,何とか日本に残りたいという思いから,配偶者ビザを得るための便法として,国際結婚という手段を選ぶ技能実習生がいるのも事実です。 もちろん,このような偽装,仮装の国際結婚は認められるべきではありません。 入管審査でもこのような違法な在留を認めるべきではないと,目を光らせて審査しています。 もっとも,配偶者ビザが真正なものか否かは,内心の問題であって,真実性の確認は容易ではありません。 このような玉石混合の中,出入国在留管理局はどのように審査しているのでしょうか。 技能実習生が国際結婚して配偶者ビザする場合, どのような点に気を付けて準備を進めていくべきか見ていきましょう。 2.技能実習制度とは 技能実習という言葉を聞いたことがある方は多くいらっしゃると思いますが,具体的にどのような制度なのかをご存じの方は少ないのではないでしょうか。 厚生労働省のホームページによると,「外国人技能実習制度は,我が国が先進国としての役割を果たしつつ国際社会との調和ある発展を図っていくため,技能,技術又は知識の開発途上国等への移転を図り,開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力することを目的としております。」と記載しています。 つまり,技能実習生には日本の技能・技術・知識を学んでもらい,日本で学んだ技能等を母国に持ち帰って,母国の経済発展を担ってもらうことが技能実習制度の趣旨です。 そのため,技能実習過程を修了した後は,母国へ帰ることが前提と解されます。 それでは,技能実習生が母国に帰らずに,配偶者ビザへの変更許可申請をすることは認められていないのでしょうか。 技能実習制度の趣旨に鑑みて,技能実習生からの在留資格変更許可申請を一律不許可としているのでしょうか。 次からのチャプターで具体的に見ていきましょう。 3.国際結婚しても技能実習生の配偶者ビザ申請は入管法で禁止されている!? 技能実習の趣旨からもわかるとおり,技能実習生は母国へ帰ることが予定されています。 そのため,原則的には技能実習からの在留資格変更許可申請は,本来は想定していません。 例外的に,技能実習生の配偶者が妊娠をしている場合や,すでに子どもを出産しているなど,人道的な配慮が必要なケースで,技能実習から配偶者ビザへの変更許可が認められる可能性はあります。 では,どのようなケースで認められているか,場面分けをして具体的に見ていきましょう。 【技能実習中の場合】 この場合には,監理団体,実習実施機関において,技能実習から配偶者ビザに変更することについて同意書を求められるのが一般的です。 場合によっては,海外の送出機関からの同意書を求められるケースもあります。 仮に,監理団体,実習実施機関,送出機関から,同意書が取得できない場合には,技能実習から配偶者ビザに変更することは難しくなるでしょう。つまり,技能実習中の場合には,監理団体,実習実施機関,送出機関から在留資格変更にかかる承諾書が取得できるかが分水嶺になるとお考えください。 【技能実習修了後の場合】 技能実習計画を修了している場合には,修了証が求められます。 修了証が発行されない場合には,これに代わる代替書面を提出します。 技能実習を良好に修了していないと入管に判断されれば,技能実習ビザから配偶者ビザの変更は難しくなります。 また,技能実習修了後であっても,監理団体,実習実施機関,送出機関から在留資格変更にかかる承諾書を取得できる場合には,配偶者ビザの申請に添付することをお勧めします。 このように,国際結婚した場合であっても,技能実習生の配偶者ビザ申請には,通常とは異なる書面が求められています。 なお,技能実習中,技能実習修了後のいずれであっても,国際結婚すること自体に制約はありません。 しかし,後のトラブルを避ける意味でも,監理団体,実習実施機関,送出機関には,国際結婚することを報告しておく方が賢明です。 4.技能実習中の活動内容は配偶者ビザに影響あり? 配偶者には母国に一時帰国してもらい,その後,日本に呼ぶ手続きを選択しても,「技能実習課程を良好に修了したかどうか」という点をしっかり把握する必要があります。 入管の審査では,在留資格認定証明書交付申請を行う際も,過去の在留状況が審査に影響を及ぼします。 そのため,技能実習課程を修了しているかどうかは,配偶者ビザを取得するにあたって非常に重要なポイントです。…