行政書士法人第一綜合事務所

【解決事例】料理人(コック)を技能ビザで招へいする方法

日本で飲食店を経営するAさんは,旅行で訪れた中国の伝統料理に感動し,帰国後に日本で中華料理専門店を開くことに決めました。しかし,中華料理の伝統料理を調理するには熟練した技術が必要であったため,Aさん自身がその技術を習得するには中国で何年もの修行をしなければなりません。
そこでAさんは,中国から経験豊富な料理人を招聘して,雇用しようと考えました。Aさんは,中国人の料理人Bさんと交渉を重ね,来日の承諾を得ることができました。Bさんのビザ取得のための必要書類や手続きの相談のために,Aさんは当社に相談にお越しになられました。

このケースではBさんの料理人としての活動は,技能ビザに該当し得ると考えられます。技能ビザは,外国特有の産業分野における熟練した技能をもってする活動に対して付与される就労ビザの一種です。例としては,外国料理の調理師,スポーツ指導者,航空機の操縦士,貴金属等の加工職人等があります。ここでは,調理師にスポットをあてて,技能ビザについて検討していきたいと思います。
ここでは,料理人(コック)にスポットをあてて,技能ビザについて検討していきたいと思います。

1.技能ビザとは?

技能ビザは,「本邦の公私の機関との契約に基づいて行う産業上の特殊な分野に属する熟練した技能を要する活動」と規定されています(入管法別表第1の2)。

「産業上の特殊な分野」とは,外国に特有の産業分野,外国の技能レベルが日本よりも高い産業分野,日本において従事する熟練技能労働者が少数にとどまる産業分野と解釈されており,上陸許可基準省令で次の9つの業務が規定されています。

1号:外国料理の調理師
2号:建築技術者
3号:外国特有製品の製造・修理
4号:宝石・貴金属・毛皮加工
5号:動物の調教
6号:石油・地熱等掘削調査
7号:航空機操縦士
8号:スポーツ指導者
9号:ワイン鑑定等

このうち,もっとも活用されているのが1号の外国料理の料理人(コック)です。

2.料理人(コック)を呼び寄せるためのポイント

(1)料理の種別

上述のように,技能ビザは「産業上の特殊な分野」に属するものであることが要件になっています。そのため,料理の調理が外国において考案され日本において特殊なものに関する料理人(コック)でなければなりません。
例えば,中華料理の1つである四川料理の料理人(コック)であれば要件を満たすでしょう。他方,中華料理といってもラーメン屋における料理人(コック)の場合,中国に起源を有するといっても,ラーメン屋は日本において特殊なものとはいえませんので,技能ビザの要件を満たしません。

(2)10年以上の経験

料理人(コック)の場合,「当該技能について10年以上の実務経験・・・を有する者」が技能ビザ取得の要件とされています。

ただ単に料理人(コック)として10年以上の実務経験があれば足りるのではなく,従事しようとしている分野に従事している実務経験が必要です。
例えば,スペイン料理の料理人(コック)として技能ビザで日本に呼び寄せる場合,スペイン料理の料理人(コック)として10年以上の実務経験が必要となります。他方,スペイン料理の料理人(コック)としては6年の実務経験,イタリア料理の料理人(コック)として5年の実務経験があった場合,トータルで10年以上の料理人(コック)としての経験はありますが,スペイン料理の料理人(コック)としての実務経験が6年しかないため,この場合,技能ビザの要件を満たしません。

なお,タイ料理の場合は,日本とタイの間で経済協定が締結されており,①タイ料理人として5年以上の実務経験り,②初級以上のタイ料理人としての技能水準に関する証明書の取得り,③ビザ申請直前1年においてタイにおいてタイ料理人として妥当な報酬を受けていたことという3つの要件を満たせば,実務経験の要件を満たすことになります(日タイEPA付属書7第1部A第5節1(C)を参照ください。)。

(3)日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること

外国人の方が契約する個々の企業に在籍する日本人と比較されます。本規定は,外国人であることを理由として,賃金を低く抑えることを禁止する趣旨です。

3.料理人(コック)が技能ビザを申請する場合の必要書類は?

料理人(コック)を技能ビザで日本に呼び寄せる場合,調理するものの特殊性や実際に申請人が料理人(コック)として専従する内容について,しっかりとした立証が必要となります。ここでは,技能ビザを取得するにあたり,特に注意が必要な書面について見ていきます。

まずは,料理の内容にかかる書面についてです。簡単な調理で提供できる料理では,技能ビザは取得出来ません。そのため,お店のメニュー表を提出するなどして,熟練した技能が必要となることを明らかにする必要があります。また,コース料理が用意されていれば有利に斟酌される傾向にあるため,コース料理がある場合には単品のメニュー表と共に,コース料理のメニュー表も入管へ提出することが望まれます。

次は,技能ビザ取得のために必要となる実務経験についてです。実務経験の審査は厳格で,離職証明書や在職証明書などを入管に提出して,料理人(コック)の外国人の方が従事する調理内容について,10年以上の実務経験があることを立証しなければなりません。技能ビザの多くは海外での実務経験の立証が中心になりますので,提出資料の信憑性には細心の注意を払う必要があります。特に,アジア諸国では経験年数をごまかすために偽造書類が横行した過去があったため,書類の信憑性は疑われやすい傾向にあります。レターヘッド付きの書面であることはもちろんですが,可能であれば当該国の公証制度を用いた証明書類を提出するのも,書類の信憑性を高めるためには有効な手段です。

なお,当然のことですが,飲食店営業許可を取得していることは必須になりますので,営業許可証も忘れずに提出する必要があります。

4.今回の事例

では,Aさんのケースを見てみましょう。

Aさんが始めようとしている店は,中華料理の専門店でした。提供される料理品目は,中国の伝統料理が大半を占め,コースメニューも数種類用意してもらいました。また,中華料理人Bさんは,中国で約17年に亘り中華料理のコックとしてレストランに勤務していたため,実務経験は問題となりませんでした。

必要十分な書類を集め,Bさんの技能ビザの在留資格認定証明書交付申請を行った結果,認定証明書が交付され,現在Bさんは中華料理人のコックとして,Aさんのレストランで勤務しています。

5.料理人(コック)を技能ビザで招へいする方法のまとめまとめ

上記で見てきたとおり,技能ビザは海外から熟練技能を有する方を招聘するためのビザです。入管審査における一番のポイントは,熟練技能を有しているかという点です。

入管審査は書面審査であるため,実際に経験があったとしても,書面で立証出来なければ技能ビザを取得することは出来ません。

経験した会社が既に倒産している場合など,立証方法に窮するケースもあるかと思います。仮にこのような場合でも,様々な資料を収集し技能ビザを取得した事例もございますので,お困りの際は当社までご相談ください。