行政書士法人第一綜合事務所

コックのビザで料理人を呼び寄せる方法

外国から経験豊富なコック(料理人)を呼び寄せ,雇用しようとするケースは,技能ビザザが該当します。
技能ビザは,外国特有の産業分野における熟練した技能をもって行う活動に対して与えられる就労ビザの一種です。
代表例としては,外国料理のコック(料理人),スポーツ指導者,航空機の操縦士,ワイン鑑定等があげられます。
本ページでは,コック(料理人)にスポットをあてて,コックのビザについて検討していきたいと思います。

1.コックのビザとは?

コックのビザは技能ビザの一つです。

技能ビザは,「日本の企業等との契約に基づいて行う産業上の特殊な分野に属する熟練した技能を要する活動」に認められます。

技能ビザで認められている業務は以下の9つです。

1号:外国料理のコック(料理人)
2号:建築技術者
3号:外国特有製品の製造・修理
4号:宝石・貴金属・毛皮加工
5号:動物の調教
6号:石油・地熱等掘削調査
7号:航空機操縦士
8号:スポーツ指導者
9号:ワイン鑑定等

技能ビザの詳細については,以下のページをご参照ください。
技能ビザとは?

このうち,最も活用されているのが1号の外国料理のコック(料理人)です。

2.コックのビザで料理人を呼び寄せるためのポイント

2-1.料理の種別

上記のように,コックのビザは「産業上の特殊な分野」に属する必要があります。

「産業上の特殊な分野」とは,外国に特有の産業分野,外国の技能レベルが日本よりも高い産業分野,日本において従事する熟練技能労働者が少ない産業分野と解釈されています。
そのため,料理が外国で考案され,日本において特殊なものに関するコック(料理人)でなければなりません。

例えば,中華料理の1つである四川料理のコック(料理人)であれば,産業上の特殊な分野であると言えるでしょう。
他方,中華料理といってもラーメン店におけるコック(料理人)の場合,ラーメンという料理の起源が中国にあるといっても,ラーメン店は日本において特殊なものとまでは言えませんので,産業上の特殊な分野には該当しません。

2-2.10年以上の経験

上記,活動内容の他にコック(料理人)の場合,「その技能について10年以上の実務経験…(略)を有する者」がコックのビザ取得の要件とされています。
単にコック(料理人)として10年以上の実務経験があれば足りるのではなく,従事しようとする分野についての実務経験が必要です。

例えば,スペイン料理のコック(料理人)として日本に呼び寄せる場合,スペイン料理のコック(料理人)として10年以上の実務経験が必要となります。
他方,スペイン料理のコック(料理人)としては6年の実務経験,イタリア料理のコック(料理人)として5年の実務経験があった場合,コック(料理人)として10年以上の経験はありますが,スペイン料理のコック(料理人)としての実務経験が6年しかないため,この場合,コックのビザの要件を満たしません。

ちなみに,タイ料理の場合は,日本とタイの間で経済協定が締結されており,①タイ料理人として5年以上の実務経験,②初級以上のタイ料理人としての技能水準に関する証明書の取得,③ビザ申請直前1年においてタイでタイ料理人して妥当な報酬を受けていたこと,という3つの要件を満たせば,実務経験の要件を満たすことになります(日タイEPA附属書7第1部A第5節1(C)を参照ください。)。

なお,調理の専門学校や大学などの教育機関で当該料理の調理コースを専攻している場合は,そのコースを専攻していた年数も実務経験年数に含まれますので,その点についても忘れることなく10年の経験に加算してください。

2-3.日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること

外国人コックの方が雇用契約を締結する企業に在籍する日本人コックと比較されます。
これは,外国人であることを理由として,賃金を低く抑えることを禁止する趣旨です。

3. コックのビザを申請する場合の必要書類は?

コック(料理人)のビザで日本に呼び寄せる場合,料理の特殊性や実際にその外国人がコック(料理人)として従事する内容について,しっかりとした立証が必要となります。
ここでは,コックのビザを取得するにあたり,特に注意が必要な書類について触れていきます。

まずは,料理の内容に関する書類についてです。

簡単な調理で提供できる料理では,コックのビザが取得できないことは上記のとおりです。
そのため,お店のメニュー表を提出するなどして,熟練した技能が必要となることを明らかにする必要があります。

また,単品料理だけではなく,コース料理がメニューに用意されていれば,複数の料理が安定的に供給される観点から審査上有利になる傾向にあるため,コース料理がある場合には単品のメニュー表とともに,コース料理のメニュー表も入管へ提出することが望まれます。

次は,コックのビザの取得のために必要となる実務経験に関する書類についてです。

実務経験の審査は厳格で,離職証明書や在職証明書などを入管に提出して,外国人コック(料理人)の方が従事する調理内容について,10年以上の実務経験があることを立証しなければなりません。

コックのビザの多くは海外での実務経験の立証が中心になりますので,提出資料の信憑性には細心の注意を払う必要があります。
特に,アジア諸国では経験年数をごまかすために偽造書類が横行した過去があったため,書類の信憑性は疑われやすい傾向にあります。

レターヘッド付きの書面であることはもちろんですが,可能であれば当該国の公証制度を用いた証明書類を提出するのも,書類の信憑性を高めるためには有効な手段です。

4. コックのビザを申請する際の注意点

コックのビザを申請する際に,特に注意すべき点を以下にまとめています。

4-1.店舗の規模・設備

店舗の規模や設備についての明確な規定はありませんが,コック(料理人)が技能を発揮するに十分な規模の店舗や設備が確保されていることが必要です。
高級料理やコース料理のみをメインに提供する場合には問題になりにくいですが,座席数に関しては20~30席程度あることはコックのビザの審査上有利になると言えるでしょう。

また,コックのビザで求められる本格的な料理には店舗設備も重要です。
例えば,インド・パキスタン料理店では,その料理に不可欠なタンドール(釜)の有無は審査上評価の対象となります。
コース料理や本格的な料理の提供には,必須となる設備や器具の存在が必ずあるからです。

4-2.人員構成

人員構成についても明確な規定はありません。

しかし,店舗においてコック(料理人)以外にホール係,食器洗い,会計等に従事するスタッフがいることが必要です。
なぜなら,コック(料理人)以外に上記のスタッフがいないと,コック(料理人)がコックのビザとは関係のない業務に従事してしまうのではないかとの疑念を入管に抱かせてしまい,コックのビザが不許可となる可能性があるからです。

4-3.過去の勤務先

コック(料理人)がビザを取得するためには,実務経験を立証する必要があります。
その際,コック(料理人)が過去に勤務していたレストラン等から在職証明書を取り寄せることになります。

この点,上記の通り外国で偽造文書が発行され,それらが出回った経緯があることから,偽造文書が提出されることを入管は懸念しています。
そのため,在職証明書に載っている住所や電話番号が実際のものと一致しているかを念のため確認する必要があります。

5. コックのビザで料理人を呼び寄せる時によくあるご質問

コックのビザに関して,ご質問の多い事項を以下にまとめています。

Q コック(料理人)の実務経験の立証は,どのような書面で行うのでしょうか。


A 海外で在職していたレストラン店舗の内装,外観の写真,厨房の写真,在職証明書,職業資格証明書など,どのような業務をしていたのかがわかる書面で実務経験の立証を行います。

Q コックのビザの実務経験には,外国の教育機関において当該技能に関する科目を専攻した期間も含むと聞きましたが,日本の専門学校や大学などの専攻期間は,コックのビザの実務経験には含まれないのでしょうか。


日本の教育機関での専攻期間は,コックのビザの実務経験には含まれません。
「外国の教育機関」に限られます。
なお,外国の教育機関には,大学のほか専門学校も含まれます。

Q コース料理がない料理店では,コック(料理人)をコックのビザで呼び寄せることができないと聞きました。本当でしょうか。


A コース料理はあった方が望ましいでしょう。
しかし,コース料理がなくても,特別な方法で調理している等,本格的な外国料理と言える程度の料理であれば,コックのビザを取得できる可能性はあります。
熟練した技能を必要とする料理品目がメニュー表の相当数を占めていることが必要です。

Q 新規オープンしたばかりのお店でもコック(料理人)を呼び寄せることは可能ですか。


オープンしたばかりのお店でも,コック(料理人)を呼び寄せることは可能です。
もっとも,オープンしたばかりで何も実績がない状態ですので,事業計画書を作成して入管に提出する必要があります。

Q アシスタントとしての経験も実務経験として認められるのでしょうか。


A コックのビザの取得のために求められるコック(料理人)の経歴は,熟練した技能に関するものである必要があります。
そのため,アシスタントとしての経歴が在職証明書から明らかな場合には,その部分についてはコックのビザの実務経験とは認められないと考えてよいでしょう。

6. コックのビザで料理人を呼び寄せる方法のまとめ

これまで見てきた通り,コックのビザは海外から熟練技能を持つコック(料理人)を呼び寄せるためのビザです。
入管の審査における一番のポイントは,熟練技能を有しているかという点です。

入管の審査は書面審査であるため,実際に実務経験があったとしても,そのことを書面で明らかにできなければコックのビザを取得することはできません。
過去に勤務した会社が倒産している場合など,立証方法に窮するケースもあるかと思います。

仮にこのような場合でも,様々な資料を収集しコックのビザを取得した事例もございますので,コックのビザでお困りの際は行政書士法人第一綜合事務所までご相談ください。