行政書士法人第一綜合事務所

ネパール人との国際結婚手続きを専門行政書士が解説!

ネパールは日本に在留する外国人の中でも増加率の高い国の一つであり,ここ数年で在留者数が急増しています。それに伴い,ネパール人との国際結婚事例も増えてきています。
本稿では,日本人とネパール人との国際結婚手続きについて,その手順,注意すべき事項について記載しています。
これからネパール人との国際結婚を考えられている方は,ぜひ参考にしてください。

1.国際結婚手続きの用語解説

本チャプターでは,国際結婚手続きにおける専門用語を解説していきます。
以降の内容をご参照いただくにあたり必要となる前提知識ですので,ご一読の上,次のチャプターに進んでください。

①国際結婚の成立とは?

国際結婚が有効に成立するには,双方(本事例でいうと日本とネパール)の国籍国において,法的に有効な婚姻関係にあることが原則必要とされています。
日本で先に結婚手続きを行うことを日本方式と言い,ネパールで先に結婚手続きを行うことをネパール方式と言います。

②婚姻要件具備証明書とは?

外国人が日本方式の婚姻を有効に成立させるためには,国籍国の法律が定めている婚姻の成立要件(婚姻できる年齢に達していること,独身であることなど)を満たしていることが必要とされています。
もっとも,日本の市区町村役場で,外国人配偶者の国籍国の法律を全て審査することは現実的ではありません。
そのため,国際結婚においては,国籍国の公的機関が発行する婚姻要件具備証明書を提出することによって,国籍国の法律が定めている婚姻の成立要件を満たしていると判断することにしています。

なお,発行国によっては,独身証明書などと言われることがありますが,独身であることのみならず,国籍国の法律が定めている婚姻の成立要件を満たしていることが明らかになるものであれば,基本的には婚姻要件具備証明書と考えていただいて差支えありません。

2.ネパール人との国際結婚手続きで注意すること

ネパール人と日本人との国際結婚手続きの際,ご注意いただき事項を下記に記載いたします。

①婚姻要件具備証明書について

ネパールは,婚姻要件具備証明書を発行しない国です。
そのため,婚姻要件具備証明書に代わる書類によって,ネパール人の婚姻要件の充足を証明することになります。

②婚姻可能な年齢について

ネパール人の婚姻可能な年齢は,男女ともに20歳以上です。
なお、以前は婚姻当事者の年齢差が20歳を超えてはならないとされていましたが、現在はその制約は撤廃され、年齢差のある当事者も婚姻が可能になりました。

③再婚禁止期間について

ネパールの法律には再婚禁止期間の規定がありません。
ただし,日本方式で婚姻手続きを行う場合は,日本民法の再婚禁止期間が適用され,前婚の解消又は取消の日から100日を経過していることが要件とされています。もっとも,ネパール人女性が妊娠していないという医師の診断書を提出することによって,100日を経過していない場合でも婚姻することができます。

3.国際結婚手続きにおける必要書類(日本方式)

本題の国際結婚手続きについて解説していきます。
ここからは,日本人とネパール人が日本方式で婚姻をおこなう場合の必要書類を記載します。
なお,市区町村役場によって若干の相違があるため,事前に提出先の役所に照会してください。

①日本の市区町村役場において必要となる書類

<日本人の方にご準備いただく書類>
・婚姻届書(日本人同士の場合と同様のものです)
・本人確認資料(運転免許証又はパスポート等)
・戸籍謄本(本籍地以外に婚姻届を提出する場合)

<ネパール人の方にご準備いただく書類>
・独身証明書(日本語訳を添付)
※ネパール外務省にて認証後,在日ネパール大使館にて認証を受ける必要があります。
・出生証明書(日本語訳を添付)
・パスポート
※ネパール人が在外にいる場合は,パスポートのコピーで代替可能です。
・申述書

②ネパールへの婚姻登録について

ネパールでは婚姻登録制度があります。配偶者ビザの申請の際には,ネパール大使館が発行するレターを入管に提出すれば足りますが,ネパール側で正式に婚姻を登録するには、夫婦二人でネパールに渡航し,ネパール本国で手続きが必要になります。日本の役所に婚姻届を提出した後,ネパールの役場で婚姻登録手続きを行ってください。

<ご準備いただく書類>
・婚姻届受理証明書及びネパール訳文
※在日ネパール大使館にて認証を受けた後,ネパール外務省の認証が必要になります。
・ネパール人配偶者の身分証(ナガリタ)
・日本人配偶者のパスポート

4.国際結婚手続きにおける必要書類(ネパール方式)

次は,日本人とネパール人がネパール方式で婚姻をする場合についてです。
ネパール方式で婚姻手続きをする場合は,日本人がネパールに渡航する必要があります。
当事者二人揃って,現地の役場で婚姻手続を行います。なお,ネパールに入国してから15日以上が経過してからでなければ,婚姻手続きができません。

①ネパールの日本大使館にて,日本人配偶者の婚姻要件具備証明書を取得

ネパール方式の婚姻手続きは,在ネパール日本大使館にて日本人配偶者側の婚姻要件具備証明書を取得することから始まります。

<日本人の方にご用意いただく書類>
・戸籍謄本
・パスポート原本
・質問書(日本大使館の書式に記入)

<ネパール人の方にご用意いただく書類>
・身分証(ナガリタ)
・パスポート原本

②ネパール内務省管轄のC.D.O(Central District Office)にて婚姻の審査

ネパールに入国して15日経過後に,必要書類を揃えて管轄のC.D.Oに両当事者出頭し,婚姻の申請を行います。

<ネパール人の方にご用意いただく書類>
・身分証(ナガリタ)
・独身証明書

<日本人の方にご用意いただく書類>
・①で取得した婚姻要件具備証明書
・パスポート原本

婚姻登記官は,申請から7日以内に婚姻申請を受理するかどうかを決定します。
婚姻申請が受理されると,婚姻当事者と3名以上の証人がC.D.Oに出頭し,宣言書(Affidavit)に署名をします。その後,婚姻証明書が発行されます。

③日本への婚姻報告について

ネパールで婚姻手続きを終えた後,在ネパール日本大使館または日本の市区町村役場で,婚姻届(報告的届出)を提出してください。

<日本人の方にご用意いただく書類>
・②で取得した婚姻証明書および日本語訳文
・本人確認資料(運転免許証又はパスポート等)
・戸籍謄本(本籍地以外に婚姻届を提出する場合)

<ネパール人の方にご用意いただく書類>
・出生証明書および日本語訳文
・国籍証明書もしくはパスポート

5.ネパール人との国際結婚手続きのまとめ

本ページでは,日本人とネパール人の国際結婚手続きをご紹介しました。

いずれの方式で手続を行うかは,当事者の選択に委ねられていますが,ネパール人配偶者が日本にいる場合は,日本方式の手続きで行うのが簡便です。

一方で,ネパール人配偶者がネパールにいる場合は,ネパール方式の手続きでおこなうのがお勧めです。ただし,ネパール法に従った手続きで婚姻を行うには,1ヶ月程度の渡航が必要になりますので,せっかく休みを取ってネパールまで行ったのに書類不備で手続きができなかったという事がないように,事前の準備を万全に整えた上で臨んでください。

本ページが,ネパール人との国際結婚をご検討されている方々のご参考になれば幸いです。

国際結婚手続きを行政書士に相談する方はコチラ