コラム

COLUMN

永住と帰化の違いを解説!

1.永住の特徴 永住(正確には在留資格「永住者」)は,在留資格の一つであり,入管法に規定されている在留資格の中で最上位の在留資格に位置づけられます。 他の在留資格と大きく異なる点は,①在留期間の定めがないこと,そして②日本での活動に制限がないことが挙げられます。 ①在留期間の定めがないこと 永住以外の在留資格には,高度専門職2号を除き,最長5年の在留期間が定められています。 在留期間の満了日以降も日本に滞在を続けることを希望する場合には,在留期間更新許可申請を入管に提出し,許可を得なければなりません。 外国人の方にとっては,在留期限が近づくたびに面倒な申請の準備をしなければならず,また許可が得らえるか不安に駆られるものです。 この点,永住には在留期間の定めがないため,在留期間の更新申請の面倒や不安から解放されることになります。外国人の方にとっては大きなメリットと言えるでしょう。 なお,永住の在留カードには原則7年の有効期間が定められていますが,在留カードの有効期間は文字通りカード自体の有効期間であって,在留カードの有効期間を経過してしまったからといって永住が消滅してしまうわけではありません。 在留カードの有効期間経過後も,新しい在留カードを発行してもらうことができます。 ②日本での活動制限がないこと 在留資格にはそれぞれに活動内容が定められており,その活動を継続していなければなりません。 定められた活動を一定期間行っていない場合は,在留資格を取り消される可能性があります。 例えば,就労系の在留資格をお持ちの方が退職することになると,3ヶ月以内に次の転職先を探さなければ在留資格の取消対象になってしまい,しかも転職先での業務内容は在留資格に適合した仕事でなければなりません。 また,「日本人の配偶者等」といった配偶者としての身分に基づいた在留資格をお持ちの方が離婚又は死別した場合は,別の方と再婚するか,他の在留資格に変更するか,いずれもできなければ帰国を余儀なくされてしまいます。 一方,永住には他の在留資格で定められているような活動の制限がありません。 つまり,永住を取得すれば仕事内容を気にせずに転職先を自由に選べますし,離婚しても永住が取り消されることもありません。 このように,永住を取得すれば日本での活動制限がなくなりますので,今後のライフプランの選択肢が大きく広がることになります。 2.帰化の特徴 帰化とは,本人の意思によって他国の国籍を取得することを言います。 つまり,日本国籍への帰化とは,日本国民以外の外国人が日本国籍を取得する,簡単に言えば日本人になることを言います。 日本国籍に帰化をすると,入管法上は「外国人」という定義(入管法2条1号)から外れますので,当然ながら在留資格制度の対象にはならず,入管法に定められている外国人としての様々な義務から解放されることになります。 日本人が日本に住むには在留期間という概念はありませんので,面倒な在留期間の更新申請もありません。 また,日本人が日本に住んでいる以上,その私生活を国が干渉することはできませんので,仕事も結婚・離婚も自由に決めることができます。 3.永住と帰化の違い ~許可を得るまで~ ここからは,永住と帰化の申請の局面での違いについて,解説していきます。 ①申請の提出先 上述のように,永住は在留資格の一種であり,外国人の在留管理は出入国在留管理庁が担っています。 そして,永住申請は出入国在留管理庁の地方分局である地方出入国在留管理局(入管)に提出します。 これに対して,帰化申請は,端的に言えば日本人の戸籍を新しく編成する作業であり,戸籍の管理は法務省が担っています。 そして,帰化申請は,法務省の地方分局である地方法務局に提出することになります。 これまで入管への申請は繰り返し行ってきたため,手続きに慣れた外国人の方もいらっしゃいますが,法務局には帰化のタイミングで初めて来たという方が多い印象です。 ②申請の必要書類 永住の審査は,これまでの日本での在留状況が適正であったかどうかが審査されることになり,入国管理局へ永住申請を提出する際には,日本での収入,課税状況,納税状況,年金の支払状況等,主に日本の役所で取得する資料を提出することになります。 海外の書類を提出することもありますが,配偶者との婚姻関係を示す結婚証明書や,子どもとの親子関係を示す出生証明書にとどまる場合がほとんどです。 これに対して,帰化申請は,これまでの日本での在留状況が適正であったかどうかという審査の他に,本人の身分関係を示す資料を必ず提出しなければなりません。 なぜなら,帰化申請は,日本人の身分事項を証明する戸籍を新しく編成する作業ですので,父母の氏名や続柄(何人兄弟の何番目か),婚姻記録,養子縁組の記録,子がいる場合は子の出生記録等,申請人本人に関わるあらゆる事項を証明しなければなりません。 そして,これらの身分事項に関する記録の証明には,本国の公的機関発行の証明が必要になります。 そのため,帰化申請においては,本国から取り寄せなければならない書類がたくさんあります。…

入管申请数据解析!永住许可申请的许可率・不许可率!

1.入管公布的出入国统计情报指的是? 出入国管理统计指的是,法务省的业务当中,关于入管的入国审查,在留资格的审查,退去强制手续等,作为统计情报收集数据并统计。 这次,把永住签证审查的许可率・不许可率作为记事来向大家介绍,是因为从2020年7月1日起,入管追加了审查资料,同时也伴随着审查严格化,最近永住签证的审查倾向有不少人都很感兴趣,我们也收到了不少的咨询。 实际上永住签证申请的许可率是多少? 大家了解吗? 可能不少人都没有听说过出入国管理统计,当中明确记录着每个月永住签证申请的许可・不许可的数据,对于想要了解永住签证实际情况的人来说,是非常有用的信息。 2.永住签证申请的许可率・不许可率! 那么,接下来就来一起看一下永住签证申请的许可率・不许可率 2020年2月 2020年3月 2020年4月 2020年5月 许可 不许可 许可率 许可 不许可 许可率 许可 不许可 许可率 许可 不许可 许可率 全体 2393 1863 56.23% 2218 2349 48.57% 2071 1910 52.02% 1585 1363 53.77% 东京入管 1407 1155…

入管申請データを解析!永住ビザ申請の許可率・不許可率!

1.入管が公表している出入国統計情報とは? 出入国管理統計とは,法務省で取扱う事務のうち,入管で取扱った入国審査,在留資格の審査,退去強制手続き等に関し,統計情報として集計したものをいいます。 今回,永住ビザ審査の許可率・不許可率を記事にしたのは,令和元年7月1日からの提出書類の増加,またそれに伴う審査の厳格化があり,近時の永住ビザの審査傾向に興味をお持ちの方から多くのご質問が寄せられているからです。 実際の永住ビザ申請の許可率は何%くらいなのでしょうか? 皆さんはご存じでしょうか。 あまり聞きなれない出入国管理統計ですが,永住ビザ申請の許可・不許可数を月例で明らかにしており,永住ビザの審査実態を知るには,非常に有用な情報です。 2.気になる永住ビザ申請の許可率・不許可率! それでは早速,永住ビザの許可率・不許可率をみていきます。 2020年2月 2020年3月 2020年4月 2020年5月 許可 不許可 許可率 許可 不許可 許可率 許可 不許可 許可率 許可 不許可 許可率 全体 2393 1863 56.23% 2218 2349 48.57% 2071 1910 52.02% 1585 1363 53.77% 東京入管 1407 1155…

永住签证申请费用大验证!

1.就劳签证的永住签证申请(家族4人的情况) 这一部分,来看一下一家四口人从就劳签证申请永住签证时所产生的费用。 【样本案例,大阪市北区在住】 公司职员的丈夫(40岁):持技术人文知识国际业务签证 从事小时工工作的妻子(35岁):持家族滞在签证 日本出生的孩子(5岁,2岁):持家族滞在签证 【発生する費用】 政府公文 费用 1 住民票 300日元/张 2 出生届受理证明书 350日元/张×2个孩子的份 3 丈夫的所得课税证明书 300日元/张×5年份 4 丈夫的纳税证明书 300日元/张×5年份 5 妻子的所得课税证明书 300日元/张×5年份 6 妻子的纳税证明书 300日元/张×5年份 7 丈夫的源泉所得税以及复兴特别所得税,申告所得税以及复兴特别所得税,消费税以及地方消费税,相续税,赠与相关纳税证明(之3) 400日元/张 8 妻子的源泉所得税以及复兴特别所得税,申告所得税以及复兴特别所得税,消费税以及地方消费税,相续税,赠与相关纳税证明(之3) 400日元/张 9 到役所的交通费或者邮费 适宜 10 身元保证人的住民票 300日元/张 11…