行政書士法人第一綜合事務所

永住ビザが不許可になっても諦めない!永住ビザの再申請方法

本ページでは,永住ビザ申請を行ったものの,残念ながら不許可通知が来てしまった方を対象に,永住ビザの再申請の方法を記載しています。
永住ビザ申請は,必要書類を集めるだけでも決して簡単ではない申請だけに,その分,不許可の通知を受けるとショックは大きいものです。
これまで日本で頑張ってきたのに…。これまでの頑張りを否定されたような気持ちになってしまい,永住ビザの再申請を諦めてしまう方もおられます。
また,永住ビザの不許可通知を読んでも,不許可の理由がよく分からないため,今後の対策を打つことができず,永住ビザの再申請に踏み出せない方もいると聞きます。

永住ビザの不許可通知を受けた時には,どのように対応するのがよいのでしょうか。また,永住ビザ申請が不許可になってしまった方は,再申請を行って許可の可能性はあるのでしょうか。

本ページでは,永住ビザ申請を行い不許可通知が来てしまった方を対象に,永住ビザの再申請方法について記載しています。

1.永住ビザの不許可通知書とは?

永住ビザ申請の不許可通知書には,
「出入国管理及び難民認定法第22条第2項第2号に適合すると認められません。」
などと記載されており,一体何を言っているのかわからない方が大半だと思います。

当社では,永住ビザの不許可通知書を受けた方からご相談いただいた場合には,以下の2点をお伝えしています。

①不許可通知書は保管しておくこと
②永住ビザ申請を提出した入管局へ不許可理由を確認すること

では,どのようにして不許可理由を確認すれば良いのでしょうか。
また,その際のポイントはあるのでしょうか。
次のチャプターで見ていきましょう!

2.永住ビザ申請の不許可理由を把握する

入管局へ必要な書類を持っていけば,永住ビザ申請の不許可理由を聞くことができます。
不許可理由を確認することは,永住ビザの再申請へのファーストステップになります。
ただし,不許可理由は1度しか聞くことができないため注意が必要です。

当社では,ご希望のお客様には,実際に入管へ同行し,直接審査官から不許可理由をお伺いしております。
審査ポイントや実務基準を押さえた上で担当審査官とやり取りをし,多くの情報を引き出し,再申請に繋げていくイメージです。
ご自身で不許可理由を確認する場合よりも,より有益な情報を得られます。

もちろんご自身で不許可理由の確認に行くこともできます。
まずは不許可理由をしっかり把握することが,永住ビザの再申請への第一歩です。

3.永住ビザの再申請に向けて

永住ビザ申請の不許可理由を確認した後は,永住ビザの再申請に向けて準備を進めていきます。

永住ビザ申請は,不許可から再申請まで一定期間を空けなければならないというルールはありません。
しかし,不許可理由となった事実をリカバーしていない状態では,何度再申請しても結果が変わらないことは,想像に難くありません。反対に,不許可理由となった事実をリカバーできているのであれば,不許可後すぐに再申請をして永住ビザが許可されることもあるのです。

では,どのようにして不許可理由をリカバーして,再申請するのが良いのでしょうか。

永住ビザ申請の不許可理由は,年収が低い,扶養の人数が多い,年金保険料を払っていない,出国が多い,過去に重大な交通違反を犯してしまったなど様々が,今回は「出国が多く,日本での居住実態が認められない」と判断され,永住ビザが不許可になった場合を例にあげてみましょう。

まずは,なぜ出国が多いのかを確認します。
出国理由として,本国にいる母の体調が悪く,母の看病のために本国に帰国していたためであったと仮定しましょう。

この場合,母の看病をすることができるのは申請人だけだったのか,母の診断書は手元に残っているのか,日本からの出国期間は妥当な期間なのか,今後の出国予定,日本での世帯構成,活動状況など,様々な要素を検証し,日本での居住実態が認められないという入管の判断を覆すような説明と立証ができるかどうかを判断することになります。

永住ビザの再申請で許可の見込みがあると判断した場合には,理由書と立証資料を用意して再申請に臨みます。
仮に,再申請をしても許可の見込みがないと判断した場合には,母の体調が回復した,あるいは兄弟が母の看病をしてくれることになった等の出国理由が解消した後,一定期間を空けてからの再申請を提案することになります。

4.永住ビザの再申請方法のまとめ

ここまで,永住ビザで不許可通知を受けた場合の再申請方法について記載してきました。

今一度,要点をおさらいします。
永住ビザの不許可通知書が自宅へ届いたときは,以下の点にご留意ください。

①入管局で永住ビザ申請の不許可理由を確認する。
②不許可理由となった事実をリカバーできるか検討する。
③不許可理由をリカバーできるのであれば,理由書と立証資料を用意して,永住ビザの再申請を行う。
④不許可理由をすぐにリカバーできない状況であれば,リカバーできる状況になるまで待ってから再申請に臨む。

入管局から不許可通知書が届いたときは,がっかりされる方がほとんどでしょう。
しかし,不許可理由に応じた対応をすれば,再申請をして永住許可への道は必ず開けてきます。

永住ビザ申請が不許可になってしまった方で,これからどう進めていけば良いのか分からない方,再申請の方法を模索したい方は,ぜひ当社までお問合わせください。