行政書士法人第一綜合事務所

永住許可申請でよくあるご質問

本ページでは,永住許可申請のよくあるご質問をまとめています。

Q1.転職が多いのですが,永住許可申請に影響しますか。

A1.転職回数は,永住許可申請に影響する可能性があります。例えば,転職が多い場合は,再就職までの期間を検証する必要があります。たとえ就労ビザの保有期間が5年を経過したとしていても,5年の期間に転職活動の期間を含んでいる時には注意を要します。また,転職してから安定的な就労状況にあるかという点も審査されます。転職してから時間が経過していない場合には,安定性がないとして永住許可申請が不許可になってしまうリスクがあります。

Q2.どれくらいの年収があれば永住ビザは許可されますか。

A2.永住ビザが許可されるための年収基準は,実は法定されていません。実務上は,直近5年間の年収が300万円以上というのが目安になっています。ここで注意が必要なのは,たとえ300万円以上の年収基準をクリアしている場合であっても,扶養家族が多い場合です。扶養家族が多い場合にあっては,扶養家族の人数に応じた年収が必要となります。

Q3.貯金はどれくらいあれば,永住許可申請が有利になりますか。

A3.永住許可申請において,貯金額の基準は定められていません。入管実務では,貯金額よりも年収の方が重視されています。もっとも,就労ビザで勤務する中で,所得に応じた貯金を形成している事実は,永住許可申請の審査上,積極的な一事情に数えられます。

Q4.家族滞在ビザを持っている配偶者や子供も一緒に永住許可申請した方が良いですか。

A4.配偶者やお子様が永住許可の要件を満たしているようであれば,一緒に永住許可申請を行うのが良いでしょう。仮に,何らかの理由があり,単独で永住ビザを取得した場合には,配偶者やお子様は,永住者の配偶者ビザや定住者ビザに変更をする必要があります(詳細は【解決事例】夫が永住ビザを取得したら妻の家族滞在ビザはどうなる?ご覧ください。)。別々に申請すると,申請回数が増え,申請毎にそれぞれ書類を用意しなければなりません。家族一緒に申請するほうが手続上のメリットがあります。

Q5.交通違反を何度かしてしまいました…。永住許可申請に影響ありますか。

A5.まずは,交通違反の度合いを検証する必要があります。1,2回程度の軽微な違反であれば,永住許可申請に大きく影響することはありません。しかし,繰り返し違反を行っている場合は,永住許可申請の審査に影響する可能性があります。
なお,交通違反をして罰金を支払った経歴のある方は,罰金を支払った日から5年を経過しなければ永住許可が認められない可能性が高いです。日頃より,安全運転を心がけてください。

Q6.これまで年金を払ったことがありません。今から年金を払って永住許可申請の許可が貰えますか。

A6.国民年金は,最大25ヶ月間を遡って支払うことができます。入管局によって取扱いが多少異なりますが,過去2年内に支払遅延や未払いがある場合には,永住許可の可能性が低くなります。永住許可申請に関わらず,年金の支払いは公的義務の一つであるため,期限までに支払うことが永住ビザの許可への近道です。

Q7.私は仕事の都合で日本を出国することが多いのですが,永住許可申請に影響はありますか。

A7.出国日数が多い場合には,永住許可申請の審査に影響があります。ただし,理由を問わず出国の事実がマイナスに影響するわけではありません。出国の理由を明らかにし,出国理由が合理的なもので,出国の頻度や期間が相当である事を説明するようにしましょう。

Q8.身元保証人は,収入が少ない人でも大丈夫ですか。

A8.身元保証人の責任からして,理論的には身元保証人世帯が生活するに足る収入+αの収入が必要と言えます。もっとも,身元保証人の年収が低いことで不許可になる事案は稀で,審査において重視される事項ではありません。定期的な収入がある方であれば,身元保証人として特に問題はないでしょう。

Q9.永住許可申請の身元保証人には,どのような責任がありますか。

A9.永住許可申請時の身元保証人は,以下の3点を保証することになります。
①滞在費
②帰国旅費
③法令の遵守
身元保証人の保証責任は法的拘束力がなく,道義的責任であると考えられています。
仮に身元保証をした外国人が滞在費や帰国旅費の準備が出来ない場合でも,身元保証人が代わりに支払うことを求められるわけではなく,直ちに法的な責任追及をされるわけではありません。ここでいう身元保証は,民法上の身元保証契約を指しているわけではなく,在留制度独自のものと解釈されています。

Q10.過去の永住不許可は,今回の永住許可申請に影響しますか。

A10.虚偽の内容や事実に相違がある書類を入管へ提出していないのであれば,通常過去の永住申請の不許可が影響することはありません。
もっとも,不許可理由を何らリカバーしないままでは,何度申請をしても結論は変わりません。そのため,永住ビザが不許可になった場合には,不許可理由の確認はもとより,不許可となった原因への対応が重要となります。不許可になった方が永住ビザを再申請し,直ぐに許可されるかについては別問題として認識して下さい。

Q11.永住申請中に在留期限を迎えそうです。永住申請中でも在留期間の更新許可申請をしないといけませんか。

A11.永住許可を申請したとしても,現在お持ちの在留期間は進行しています。そのため,永住申請中でも,在留期限までに在留期間の更新許可申請を行う必要があります。
なお,永住許可申請時に現在お持ちの在留期間が残り3ヶ月を切っている場合には,永住許可申請に先立って,または同時に在留期間の更新許可申請を行わなければ,永住許可申請が受理されない扱いになっています。