コラム

COLUMN

【事例解决】外国人创业(公司成立)时的手续流程

1. 首先 申请经营管理签证时,大部分都是成立法人(公司)。 但是,大多数时候,在考虑成立公司之前,反而是不知从何入手。 因此,这次我们将具体介绍外国人在日本成立公司的方法。 2. 公司的种类 大部分人,都认为公司=股份制公司。但是,实际上,公司的种类分为股份制公司,合同公司,合名公司,合资公司,四种类型。 不过,合名公司和合资公司,并没有什么太多的优势,因此,到目前为止,极少人会在成立新公司时成立合名或者合资公司。 下面,来对申请经营管理签证时,最常见的股份制公司和合同公司的不同进行说明。 3.股份制公司与合同公司的不同 株式会社(股份公司) 合同公司 公司名称 公司名称必须加入“株式会社” (股份制公司) 公司名称必须加入“合同公司” 成立时定款认证(规章制度认证)的有无 成立时必须加入定款认证(规章制度认证)。 成立时不需要定款认证(规章制度认证)。 最低资本金金额 1日元以上 1日元以上 资本金出资者的地位 发起人根据投资额成为股东,但不一定是经营者 ※股份公司是将经营者(代表董事和董事)与出资者(股东)分开的体制。 出资者全员都是经营者 ※合同公司采取的是经营者与出资者不分离的体制。 投票权 根据所持股份数量 1人1票 登记执照税 资本金金額的1000分之7(未满15万的情况下是15万日元) 资本金的金额的1000分之7(未满6万的情况下是6万日元) 代表者 代表取締役(代表董事) 代表社员(代表员工) 董事的任期 2年。但是,如果股份受到转让限制,则最长为10年。 无任期…

外国人の会社設立の流れ

1.経営管理ビザは個人事業主より会社設立がおすすめ!? 外国人の方が経営管理ビザを申請する場合,多くの方は個人事業主ではなく,会社設立を選択します。 その理由は,個人事業主として経営管理ビザを取得するためには,会社設立の場合にはない苦労があるからです。 詳しくは,個人事業主として経営管理ビザを取得する方法 に記載していますのでご参照ください。 とはいえ,外国人の方が経営管理ビザの取得を目指し,いざ会社設立をしようと考えたときに,何から始めたらいいのかわからないという方がほとんどです。 そこで,今回は外国人の方が日本で会社設立する方法を具体的に見ていきます。 2.外国人起業家に人気の会社設立(会社の種類)とは? 外国人起業家が経営管理ビザの取得を目指し会社設立する場合,多くの方は株式会社をイメージされるのではないでしょうか。 しかし,実は日本には100を超える法人の種類があります。 中でも代表的な法人は,株式会社,合同会社,社団法人(一般・公益),財団法人(一般・公益),NPO法人の5つがあげられます。 もっとも,会社設立の難易度,会社設立後の運営を考え,大多数の外国人起業家は,経営管理ビザの取得を目指す際,株式会社か合同会社を選択されます。 そこで,次のチャプターでは,株式会社と合同会社の違いについて解説していきます。 3.株式会社設立と合同会社設立の違い 本チャプターでは,外国人起業家に人気の株式会社設立,合同会社設立の違いを解説していきます。 まずは,下記の表をご覧ください。 株式会社 合同会社 商号 会社名に必ず「株式会社」を入れなければなりません。 会社名に必ず「合同会社」を入れなければなりません。 会社設立時の定款認証 会社設立時には必ず定款認証を受けなければなりません。 会社設立時の定款認証は不要です。 最低資本金の額 1円以上 1円以上 資本金の出資者の地位 発起人が出資額に応じて株主となるが,経営者になる必要はない。 出資者全員が経営者となる。 議決権 1株1議決権 1人1議決権 会社設立時の登録免許税 資本金の額の1000分の7(15万円に満たない場合は15万円) 資本金の額の1000分の7(6万円に満たない場合は6万円) 代表者 代表取締役 代表社員…