コラム

COLUMN

【特定技能ビザ】全14分野の試験内容

1. 特定技能ビザの試験 1-1 特定技能ビザ(1号) 特定技能の14分野では,特定技能ビザ(1号)を取得するための,日本語基準と技能基準が設けられており,技能基準については,分野・職種ごとに独自の試験も用意されています。 また,2021年4月1日以降は,短期滞在ビザで在留している外国人を含む,適正なビザで在留している全ての外国人に国内で実施される,日本語試験と技能試験の受験資格が認められています。 1-1-1 日本語試験 特定技能ビザ(1号)取得のための日本語能力を証明できる試験は「日本語能力試験」と「国際交流基金日本語基礎テスト」の2つです。 それぞれ,日本語能力試験はN4以上,国際交流基金日本語基礎テストはA2レベル程度の結果が求められます。 日本語能力試験(JLPT) 国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic) 管轄機関 ・国際交流基金 ・財団法人日本国際教育支援協会 ・国際交流基金 実施日程 毎年7月と12月の計2回 国内外で毎月実施 実施国 日本と海外25か国 ※2021年7月実施データ 日本と海外6か国 ※2021年9・10月実施データ 直近の国内試験合格率 N4合格率48.3% ※2021年7月実施データ A2レベル程度 ※総合得点と判定基準で評価のため合否なし 試験方法 多肢選択式 多肢選択式 介護分野に限り,上記の日本語試験に加え,介護日本語評価試験に合格する必要があります。 介護日本語評価試験 管轄機関 厚生労働省 実施日程 国内外で毎月実施 実施国 日本と海外7か国…