コラム

COLUMN

归化申请的要件是?

1.关于归化申请 归化申请,是指外国籍的人取得日本国籍的申请。法律上(国籍法第14条),日本国除一部分例外的情况下并不承认双重国籍。因此,一旦归化被许可后,申请人便脱离了原本的国籍,只拥有日本国籍。 之后,作为日本人生活,并不需要再进行在留期间的更新申请。并且,也不需要再入国申请,可以自由出入日本国。随之而来的效果还有,住宅贷款的融资更加容易办理。 并且,取得了日本国籍之后,不用办理签证就可去与日本签订免签协议的国家观光旅游。 ※日本与68个国家・地区签订了免签协议。(2020年4月现在)。 今后想在日本持续稳定生活的外国籍朋友,可以考虑申请归化。 那么接下来,就看一下归化申请的要件。 2.归化申请的要件 在考虑申请归化前,需要先确认要件。 规划申请的要件,依据国籍法而定。 具体的有以下7个要件是必须的。 Ⅰ.住所要件 原则上,需要在日本有持续5年以上的住所。其中3年以上是在日本就劳。 但是,与日本人结婚等,有特别的身份关系者,此项要件可以得到缓和。 ※详细请确认【关于简易归化及大归化】。 Ⅱ.能力要件 申请人的年龄需要达到日本国及其母国的法律规定成人年龄,具有行为能力。 ※被判断为没有行为能力的案例⇒未成年,成年被後見人,被保佐人,被補助人等。 然而,未成年人和父母一起申请归化是被认可的。 Ⅲ.素行要件 包括日本国内外,日常生活没有问题,被判断为素行善良。 ⇒住民税和年金未缴纳,会被视为不满足素行要件而导致归化申请不许可。过去的前科及交通违反也需要在申请前探讨。 Ⅳ.经济要件 需要具有在日本能够稳定生活的收入或者资产。 ⇒不仅是申请人自身,同一世帯者的收入和资产也一并被考虑。 并且,世带的支出也很重要,收入多支出也多,审查也会比较严格。也就是说,一般收入不算很多,但是支出可以抑制,会被判定为能够稳定生活,便有利于归化许可。 Ⅴ.国籍丧失要件 取得日本国籍的同时,丧失日本以外的国籍。 ⇒申请人出身国的法律不同,也有即便拿到外国国籍,但并不丧失本国国籍的国家。这种情况,需要在归化成功后办理脱离原国籍的手续。 凭借本人意愿无法脱离本国国籍者,若被承认与日本国民有亲族关系等特别的理由,便可视为满足国籍丧失的要件。 Ⅵ.遵守日本国宪法要件 日本国宪法施行后,企图以暴力破坏政府,或者加入其团体。 ⇒不仅是现在,曾经加入过这样的团体,也会被不许可。 Ⅶ.日本语能力要件 日本语能力要件与其他6个要件不同,此项并没有记载入国籍法。 但是,作为日本人生活的最低限度的日本语能力还是必须的。 大概需要小学3年级的日语能力水平。 归化申请面试时,可以确认到申请人的日语能力。没有信心的申请人,需要事前学习。…

帰化許可申請の要件とは?

1.帰化許可申請の要件 帰化許可申請を考える前に,まずは要件を確認する必要があります。 帰化許可申請は,国籍法によって要件が定められています。 具体的には下記の7つの要件を抑える必要があります。 Ⅰ.住所要件 原則として,日本に引き続き5年以上の住所を有していること。そのうち,3年以上日本で就労していること。 ただし,日本人と結婚している等,特別な身分関係を有する場合は要件が緩和されています。 ※詳細は【簡易帰化および大帰化について】をご確認下さい。 Ⅱ.能力要件 申請人の年齢が日本国および母国の法律上成人に達しており,行為能力を有すること。 ※行為能力なしと判断されるケース⇒未成年,成年被後見人,被保佐人,被補助人等。 なお,未成年者については,親と一緒に帰化をする場合であれば帰化が認められます。 Ⅲ.素行要件 日本国内外を含めて,日常生活に問題がなく,素行が善良と判断されること。 ⇒実務上,住民税や年金に未納がある場合は,素行要件を満たしていないとして不許可になります。また,過去の前科や交通違反も申請前に検討する必要があります。 Ⅳ.生計要件 日本で生計を共にする家族が安定的に生活をしていくことができる収入または資産を有していること。 ⇒申請人自身だけではなく,同一世帯者の収入や資産も審査対象になります。 また,世帯での支出額(支払い額)も重要であり,いくら収入が多くても支出が多ければ審査は厳しくなります。つまり,収入が一般的にみて低くても,支出額が抑えられており,安定的に生活ができると判断されれば,帰化許可されることがあります。 Ⅴ.国籍喪失要件 日本国籍の取得と同時に,日本国以外の国籍を喪失すること。 ⇒申請人の本国法によっては,外国籍の取得によって本国国籍を喪失しない国もあります。その場合は,帰化許可後に国籍離脱の手続きを行います。 また,本人の意思では本国国籍を離脱することができない場合は,日本国民との親族関係などの特別な事情があると認められるときは,国籍喪失要件を満たすものとして扱われます。 Ⅵ.日本国憲法遵守要件 日本国憲法施行後,その政府を暴力で破壊することを企て,若しくはその団体に加入したことがないこと。 ⇒現にそのような組織に加入している場合はもちろん,過去に加入していた場合も不許可処分の対象になります。 Ⅶ.日本語能力要件 日本語能力要件は他の6つの要件と異なり,国籍法に記載がありません。 しかし,日本人として生活していくための最低限の日本語能力が実務上要求されます。 目安としては,小学校3年生レベルの日本語能力があれば足りるとされています。 帰化許可申請の面接の際に日本語能力を確認されますので,日本語能力に自信がない方は事前に勉強しておく必要があります。 2.帰化許可申請の審査ポイント 以上の7つの要件をふまえた上で,実務上よく見られる審査ポイントをご紹介します。 ①申請人が給与所得者の場合 ・勤務先が社会保険強制適用事業所である場合,住民税・厚生年金が給与から控除されているかどうか ・転職等により,1年間に2箇所以上から収入があった場合,年末調整または確定申告をしているかどうか ・海外の親族を扶養に入れているかどうか ②申請人が会社役員の場合…