コラム

COLUMN

归化申请手续中行政书士的作用

1. 行政书士的作用 ~首先,什么是行政书士~ 考虑申请归化的人通过网上的信息收集,想必会频繁看到“行政书士”这个词。 如果是一般的外国人的话,在申请在留资格的时候,可能有接触过行政书士。 但是,对于特别永住者来说,就算提到行政书士,可能大部分人都不了解这个职业。 实际上,在咨询的阶段,有不少人把我们误称作“司法书士”。 行政书士这个行业用一句话来概括的话, “向政府提交的文件的制作专家” 可以这样表达。 详细内容在记事“入管手续中行政书士的作用”中有详细介绍,作为其业务之一,行政书士有权进行“代理作成需要向行政机关提交的文件,业务的咨询”。 也就是说,行政书士可以作为专家来介入对普通市民来说复杂的行政申请手续等, 这不仅减少了对市民的负担,对行政来说,也提高了业务处理效率。 此外,行政书士可办理的许可申请等种类据说超过了1万种,作为代表,比如建设业的许可申请,继承,外国人相关业务等,各个行政书士在各自的专业领域作为市民和行政的桥梁活跃着。 其中,行政书士法人第一综合事务所以各种签证申请,以及归化申请等国际业务为专门业务活跃着。 2. 归化申请手续中行政书士的作用之①~法务局的对应~ 从这里开始,就具体的归化申请手续中行政书士的作用进行解说。 首先第一个作用就是同法务局的周旋。 自己申请归化时,在记事“自己申请归化的优势和劣势”中也有提及,为了确认申请资料,平日工作时间可能需要频繁请假去法务局。 作为普通市民(申请人)来说,不但需要多次调整工作,同时行政方面(法务局)也需要多次对申请材料进行指导,这两点都算是弊端。 因此,行政书士介入归化申请人与法务局之间,不但可以减少申请人前往法务局的次数,对于法务局来说,也可以减少正式受理申请之前的各种手续处理 第二个作用是缓解申请人的不安情绪。 对于申请人来说,行政书士还承担着作为“代替法务局,随时可以咨询不明之处的强有力的伙伴”这一责任。 人的一生当中,归化申请手续并不会多次发生,通常只有一次,大家都并没有太多经验。 因此,关于归化申请的审查基准和审查手续,大部分人都会感到不安。 所以行政书士也承担着陪伴申请人一起办理归化申请的同时,还能起到缓解申请人不安情绪的的作用。 3. 归化申请手续中行政书士的作用之②~材料收集,各个政府机关的对应~ 下面我们要介绍的行政书士的作用是,收集归化申请手续相关的文件,以及各政府机关的对应。 正如本记事开头所述,申请归化所需的文件涉及很多方面,有需要自己复印准备的材料,也有必须要在政府机关才能取得的材料。 其中,需要在日本役所取得的材料,行政书士都可以代理取得,这个对于申请人来说,可以大幅度减轻负担。 另外,根据过去的居住经历和申请时期,也会遇到无法取得符合法务局所指示的文件,或者不知道该往哪里申请材料的情况。 这时候行政书士可以作为申请人和役所之间的桥梁,来圆滑的处理这种情况,以最快的速度收集到归化申请所需要的材料。 关于归化申请所需要的材料,可以参考记事”归化申请的流程

帰化申請手続における行政書士の役割

1.「行政書士」の役割 ~そもそも行政書士とは~ 帰化申請をお考えの方がインターネットで情報を集めてみると,「行政書士(ぎょうせいしょし)」というワードを頻繁に目にするかと思います。 一般外国人の方であれば,在留資格申請の際に依頼したことがあるなどして,聞き馴染みがあるかもしれません。 しかし,特別永住者の方は,行政書士という名前を聞いてもピンとこない方が多いのではないでしょうか。 実際,お問い合わせの段階で,私たちのことを「司法書士(しほうしょし)」と呼び違えている方も少なからずいらっしゃいます。 行政書士という士業を一言で表すと, “官公署に提出する書類作成のプロ” と表現できます。 詳しくは「入管手続きにおける行政書士の役割」にて解説をしていますが,行政書士は,その業務の一つとして,「官公署に提出する書類の作成とその代理,相談業務」を行う権限があります。 つまり,一般市民にとって複雑な官公署への申請等の手続きを,行政書士が専門家として介入することで,市民側の負担が減ることはもちろん,行政側にとっても,円滑な事務処理を実現させることが可能となります。 そして,行政書士が取り扱える許認可申請等の種類は,1万を超えるともいわれており,代表どころでは建設業許可や,相続,外国人関連業務など,それぞれの行政書士がそれぞれの専門分野で,市民と行政の懸け橋として活躍しています。 このうち,行政書士法人第一綜合事務所では,在留諸申請や帰化申請といった国際業務を専門に日々業務を行っています。 2.帰化申請手続きにおける行政書士の役割その① ~法務局対応~ ではここから,具体的に帰化申請手続きにおける行政書士の役割について解説をしていきます。 まず1つ目の役割として挙げられるのが,法務局との折衝です。 ご自身で申請をする場合,「帰化申請を自分でするメリット・デメリット」のページでも説明をしているとおり,平日に仕事を休み,複数回法務局に足を運ばなくてはなりません。 市民側(申請人)としては,何度も仕事の都合をつけなくてはならないというデメリットがあるとともに,行政側(法務局)にしても,何度も指導を行わないといけないというデメリットが生じています。 そこで,行政書士が帰化申請人と法務局の間に入ることで,法務局への訪問回数を最低限まで減らすことができ,法務局としても少ないやり取りで申請受理まで手続きを進めることができます。 2つ目の役割は,帰化申請人のご不安軽減です。 行政書士は“法務局に代わっていつでも不明点を相談できる心強いパートナー”としての役割も担っています。 帰化申請手続きは,人生で何度も行う手続きではなく,通常一回だけです。 そのため,帰化申請の審査基準や審査手続きについて,ご不安になる方が多い手続きです。 行政書士は,そんな帰化申請人に寄り添いながら,帰化申請の許可へ向けて,伴走する役割を担っています。 3.帰化申請手続きにおける行政書士の役割その② ~書類収集,各役所対応~ 次の役割として挙げられるのは,帰化申請手続きに関する書類収集やそれに伴う各役所の対応です。 本コラム冒頭で記載をした通り,帰化申請のために必要な書類は多岐にわたり,それは自分でコピーを取るものから,役所で取得しなければならないものまで存在します。 このうち,日本の役所で取得する公文書を,行政書士が代理で取得することで,申請人の負担軽減に寄与することができます。 また,過去の住居歴や申請時期によっては,法務局の指示通りの書類が取得できないことや,取得先が分からないといったシーンにも出くわします。 しかし,これも行政書士が間に入り役所とのやり取りを代理で行うことで,円滑に意思疎通を図り,迅速な書類収集を実現しているのです。 なお,帰化申請手続きにおける必要書類について,詳しい説明についてご覧になりたい方は,「帰化申請の必要書類は?」を参考にしてみてください。 4.帰化申請手続きにおける行政書士の役割その③ …