行政書士法人第一綜合事務所

全国相談ダイヤル
行政書士法人第一綜合事務所
menu
業界トップクラスの実績! 業界トップクラスの実績!

永住権・永住ビザの申請は行政書士法人第一綜合事務所まで

永住ビザの許可率98%超
永住ビザの許可率98%超
逆転許可率100%継続中。万が一、不許可になってしまった場合、無料再申請いたします。
高い許可率の理由とは…一切の妥協なくお客様一人一人にご対応をするからです
高い許可率の理由とは…一切の妥協なくお客様一人一人にご対応をするからです
お問合せフォームでのご相談はこちらから
【無料】永住ビザ相談ダイヤル お問合せフォームでのご相談はこちらから
第一綜合事務所のココが凄い!
第一綜合事務所のココが凄い!
第一綜合事務所のココが凄い!
皆様よりいただいた「ありがとう」をご紹介します。 皆様よりいただいた「ありがとう」をご紹介します。
message1message2message3
message1message2message3
M.T様から頂いたメッセージM.T様から頂いたメッセージ
行政書士木村淳一

担当スタッフからのメッセージ

この度は、貴重なお声をありがとうございます。
K・H様の案件は、当社が取り扱う業務の中でも難関の申請の一つでありました。
永住ビザの許可のためには、種々要件が定められておりますが、K・H様の場合には、形式的には、その要件を満たしませんでした。
しかし、それでも当職らがK・H様の案件をお受けしたのには理由があります。
一つ目の理由としては、当社の実績で類似案件の許可事例があったこと。
二つ目の理由として、永住審査は総合判断であり、K・H様の場合には、マイナスを超えるプラスの要素があったこと。
そして三つ目は、K・H様が真面目に日本で頑張ってきたこと。
引き続きK・H様のご活躍を祈念しております。

担当:行政書士木村淳一

M.C様から頂いたメッセージ
行政書士松中崇晴

担当スタッフからのメッセージ

貴重なご意見をありがとうございます。
身分関係のビザからの永住申請においては、要件が緩和されております。
とはいえ、永住ビザは入管局における最後の在留審査ということもあり、細かな審査がなされているのが現在の入管実務です。
したがって、いずれのビザをお持ちであっても、どのようなポイントが永住ビザの申請において重要となるのかを事前に知る事が肝要となってきます。
K・E様のご協力もあり、今回、無事に永住許可を取得することが出来ました。
今後もお困りごとがございましたら、当社までお気軽にお声掛けください。

担当:行政書士松中崇晴

Y.Y様から頂いたメッセージ
行政書士川西輝

担当スタッフからのメッセージ

この度は、数ある行政書士事務所の中から当社へご依頼をいただきありがとうございました。
また、貴重なご意見を賜り、重ねて感謝申し上げます。
A・K様の案件は、お子様が出生される前に永住ビザ出来るか否かで、お子様のビザの種類に影響することから、重要な申請となりました。
A・K様の状況は、永住ガイドラインに定める就労期間を充足しておりませんでしたが、日本での活動実績が認められ、永住ビザの許可がなされたものと思料しております。
今後も当社は、日本で頑張る外国の方々のご支援を行ってまいりたいと考えております。
日本での生活にご不安、不明等がございましたら、ご遠慮なく当社までお尋ねください。

担当:行政書士川西輝

皆様からの「ありがとう」が私たちの財産です。
皆様からの「ありがとう」が私たちの財産です。

もっとたくさんの「ありがとう」を読んでみたい方はこちら

中国語・台湾語・英語・韓国語・広東語に対応!! 中国語・台湾語・英語・韓国語・広東語に対応!!

真誠以待:站在您的立場為您思考

大家好,我是台灣台中出生的江婉甄。現在在行政書士法人第一綜合事務所擔任主任一職。
永住申請是屬於綜合判斷,申請時需要的資料看似簡單,但其實不然。
當您自己準備資料時,關於生計・扶養・法律遵守・出入國次數・申告・納稅等,
需要注意哪些事項,是不是一點都抓不到頭緒呢。
隨時都可以向我們諮詢,我們會給您最適合的提案。
了解您的整體狀況,確認您所有的資料,即時對應降低「風險」,
當您的永住申請顧問,讓您的在日生活更加順利。

中文擔當:江婉甄

江 婉甄(Chiang Wanchen) 江 婉甄(Chiang Wanchen)

江 婉甄(Chiang Wanchen)
中国語・台湾語担当

我是来自中国的王磊

出国20多年的经历中,我在深深地享受到外面世界的精彩同时,也偶尔会感到无助。
我认为,各种签证申请所需材料没有一个固定模式,因人而异。
比如说永住申请是一个很复杂申请,需要从各个方面来综合评价。
每一个联系我们的客人,都有不同的经历,
本事务所会想客人之所想,急客人之所急,为每一位客人量身定做申请。
所以,不要犹豫,打电话给我吧。

中文担当:王磊

王 磊(Wang Lei) 王 磊(Wang Lei)

王 磊(Wang Lei)
中国語・英語担当

日本绿卡(永住)申请直通车

大家好。我是来自中国广东省的陈娜。可以为大家做中文,广东话,潮汕话的翻译。
在日华人朋友是否在申请永住还是归化中犹豫呢?在准备永住申请时是否因为庞大的材料和自身是否符合条件而烦恼呢?
行政书士法人第一综合事务所为大家开通永住申请直通车,聆听您的信息之后,以我们的专业为您分析,让您省心放心的拿到永住权。

中文・广东话担当:陈娜

陳 娜(Chen Na) 陳 娜(Chen Na)

陳 娜(Chen Na)
中国語・広東語担当

성실하고전문적인안내드리겠습니다.

인터넷에는수많은정보가넘쳐있습니다.
자신에게정말로중요한정보를찾아내는것은아주어려운일이아닐가요.
일본영주권취득에대한이해도가뛰어난전문요원과함께 고객님의수속을모국어로도와드립니다.
중요한수속인만큼고객님입장에서,고객님이익숙한언어로안내드리겠습니다.

한국어담당:이희사

李 姫紗(Hwisa Lee) 李 姫紗(Hwisa Lee)

李 姫紗(Hwisa Lee)
韓国語担当

We are glad to answer your questions about application.

Application for permanent residence requires you high ability of Japanese language
because you have to collect different kinds of legal documents.
You also have to understand well the answer which the government requires you
to fill out an application form.
It's not only easy for people from different countries to understand these legal contents in Japanese,
but also I have to say the correspondence of the government office is not sufficient.

Don't you think it's better for you to delegate your application to professionals
like us than to apply by yourself.
Please don't hesitate to call us if you have any questions about application
for permanent residence. We are looking forward to hearing from you.

The receptionist for English speakers:Makoto Satoh

佐藤 誠(Makoto Satoh) 佐藤 誠(Makoto Satoh)

佐藤 誠(Makoto Satoh)
英語担当

お問合せフォームでのご相談はこちらから
【無料】永住権・永住ビザ相談ダイヤル お問合せフォームでのご相談はこちらから
不許可の時のSOS
不許可の時のSOS
不許可になってしまったことがある方も諦める前に私たちのリカバー能力にお任せください! 不許可になってしまったことがある方も諦める前に私たちのリカバー能力にお任せください! 永住権・永住ビザ申請が不許可になる場合とは? 永住権・永住ビザ申請が不許可になる場合とは?

【事例1】扶養家族が多く生計基盤に問題があるケース

日本に来て10年、真面目に留学、就労に励んできたAさん。
来日時期、就労開始時期が同じであった同僚のYさんは、自分で永住ビザの申請をして、無事許可を取得しました。
“Yさんが許可になったのだから、似た状況にある私が不許可になるはずはない”とAさんは考え、自分で永住ビザの申請をおこないました。 しかし、その結果は不許可…。
どうしても永住ビザを諦められなかったAさんは、永住ビザの不許可通知を受けた日に当社へご相談に来られました。

こうして解決しました!

外形上似た状況にあっても、AさんとYさんの永住ビザの申請内容が全く同じという事はありません。
言い換えれば、「友達が永住ビザを取得できたから、自分も永住ビザを取得できる。」と考えることに法的根拠はないという事がいえます。 Aさんの永住申請の提出書類を当社で検証したところ、大きな問題点としては、所得状況から考えると扶養家族が多いという点が確認されました。 このケースで特に問題となるのは、税金逃れを目的として扶養家族が多い、あるいは扶養家族には入れているが扶養実績はない、というような場合です。 扶養の必要性があり、実際に扶養をしているのであれば、それを理由に不許可にはなりませんが、扶養実績の立証が出来ていないケース、あるいは所得が高くないケースにおいては、特に注意が必要となります。 Aさんの案件については、当社で受任し、一つ一つ立証を重ねることによって、4ヶ月後に永住許可の取得に至りました。

【事例2】出国日数が多いケース

日本人と結婚し、既に3年の時間が経過しているBさん。日本の生活にも慣れ、永住ビザの形式的な要件に該当していることを知ったBさんは、ご主人様に相談の上、自ら永住ビザの申請を行いました。 しかし、永住ビザの申請から6ヶ月後、不許可の通知がBさんのもとに届きました…。永住ビザが不許可になってしまった事に納得のいかないBさんとご主人様は、入管局を訪れました。 しかし、不許可理由を担当職員から聞いても、専門用語が多く、納得できる内容ではありませんでした。
そこで、困った果てに当社の無料相談をご利用になられました。

こうして解決しました!

一見すると、夫婦円満で永住ビザの要件を満たしているようにも思えますが、実は両親の介護のため、1年の半数程度を母国で暮らされていました。 確かに、介護のためといった理由であれば、合理的な理由のある出国のようにも思われます。 しかし、通常のビザに比べると、永住ビザの審査は厳格であることから、長期の出国が認められる場合には、それを理由として、不許可になる可能性があります。 また、日本人の配偶者からの永住ビザの申請、いわゆる同居永住の申請においては、婚姻の実態が最も重要と言っても過言ではなく、その観点から見ても、あまりにも出国が多いケースにおいては、婚姻の実態が疑問視される可能性があります。 Bさんの案件では、まずは当社において婚姻実態の立証を行いました。 また、合理的な出国である立証を行うことで、Bさんご夫妻が希望する永住ビザを無事に取得することが出来ました。

【事例3】交通違反が多いケース

住宅ローンを組むために、現在の就労ビザでは条件的に厳しいと言われたCさん。永住ビザの申請を金融機関の担当者から勧められました。 そこで、インターネットで永住ビザの許可要件を調べたところ、Cさんは永住ビザの許可要件を概ねクリアしているようでした。 しかし、Cさんは過去に、駐車禁止、一時停止の交通違反を繰り返していました。 そのため、不安になり、当社の無料相談に訪れました。

こうして解決しました!

就労ビザから永住ビザを申請し、許可がなされるためには、素行善良要件が必要とされています。 素行善良要件、すなわち素行の善良性とは、「法律を遵守し日常生活においても住民として社会的に非難されることのない生活を営んでいること」とされています(法務省入国管理局『永住許可に関するガイドライン』より抜粋。)。 交通違反は、外国人特有の問題ではなく、日本人であってもあるところではありますが、違反の頻度、あるいは法違反の軽重によっては、永住ビザの審査において、大きなマイナスポイントとなってしまいます。 Cさんの場合には、交通違反以外には、素行不良の事実はなかったことから、マイナスをカバーする事情を明らかにする一方、今後の具体的な方針を示すことによって、無事に永住ビザの許可を取得することが出来ました。 ちなみに、Cさんは永住ビザ取得後、無事故無違反を継続中です。

この他にも数多くの事例を解決しております。不許可でお悩みの場合はまず私たちにご相談ください。
お問合せフォームでのご相談はこちらから
【無料】永住権・永住ビザ相談ダイヤル お問合せフォームでのご相談はこちらから
全国からご依頼ください!業界初!?大阪・名古屋・東京・高松・福岡・広島が一律料金
全国からご依頼ください!業界初!?大阪・名古屋・東京・高松・福岡・広島が一律料金
「実績がたくさんある行政書士に依頼したい」「少しでも早く永住許可を取得したい」とご希望のお客様には行政書士法人第一綜合事務所がおススメです。 「実績がたくさんある行政書士に依頼したい」「少しでも早く永住許可を取得したい」とご希望のお客様には行政書士法人第一綜合事務所がおススメです。

以下の日程で各入国管理局へ申請を行います。

※下記の場合に該当する場合には、実費交通費を頂戴いたします。(片道1500円のサービスは、申請交通費のみ対象となります)
1.上記とは異なる日程の申請をご希望される場合
2.不許可再申請を当社でご希望される場合
3.結果受領の取得を当社へご依頼される場合

ご安心ください!私たちはこんな事務所ですご安心ください!私たちはこんな事務所です

専門性、豊富な経験、チームワークが私たちの強みです!

私たちの強みは、専門性が高いことと、経験豊富なスタッフのチームワークです。
複数の担当者がチームを組み、一丸となって、お客様の希望を実現するため、日々業務に取り組んでおります。
永住権・永住ビザをご依頼のお客様に対しては、専任スタッフが2名、通訳を希望される方については、専任スタッフ3名体制でご対応するもの当社の大きな特徴です。

お客様にとって、一生に一度の永住権・永住ビザ。
私たちは、お客様との信頼関係を大切に、スピードと専門性を重視しながら、最短距離で永住許可を目指してまいります。

お役立ち情報から楽しい情報まで! スタッフブログはこちら

第一綜合事務所のこだわりはここから生まれます。 第一綜合事務所のこだわりはここから生まれます。オフィス風景 オフィス風景

【電車でのアクセス】

大阪市営地下鉄各線「南森町」駅2番出口より徒歩3分

【お車でのアクセス】

阪神高速北浜出口より約2分南森町交差点より手前約300m

会社近くの風景

【住所】〒530-0045 大阪市北区天神西町5番17号アクティ南森町ビル9階Google Mapで見る

お問合せフォームでのご相談はこちらから
【無料】永住権・永住ビザ相談ダイヤル お問合せフォーム メールでのご相談はこちらから
President Message
President Message

最も安定した永住ビザの取得のために

最も安定した永住ビザの取得のために

法務省が公表する平成27年6月末のデータによれば、我が国には217万人を超える外国の方が居住しているとされています。
そのうち、永住ビザを取得されている方は、48%(うち、特別永住者の方が、16.3%)。
上記のデータからみれば、半数以上は永住ビザを取得していないことがわかります。

ご存知のとおり、永住ビザは入管法で定めるビザの中でも、最も安定した法的地位にあるとされていますが、
その一方で、厳格な審査に基づいて許否判断がなされている現実がございます。

そのような中にあって、永住ビザを取得される外国人の方が増加することは、
結果として、我が国が目指す「適正な国際社会・最先端の国際社会」の実現に寄与するものと考えております。

今後も国際業務専門の行政書士法人として、所員一同、自覚と責任を持ち、
外国人の方が安定して我が国に居住できるように、情報発信に努めると共に、
永住ビザの取得を目指す皆様のお役に立てるよう、日々努力、研鑽をおこなってまいります。

どうぞ、引き続き第一綜合事務所にご期待ください。

行政書士法人第一綜合事務所 代表社員  若松直

行政書士法人第一綜合事務所 代表社員 若松直

【代表者プロフィール】
平成22年9月 行政書士第一綜合事務所を開業。
平成24年7月 一般社団法人経営パートナーズの代表理事に就任。
平成25年9月 行政書士法人第一綜合事務所の代表社員に就任。
平成27年4月 一般財団法人日本アジア振興財団のアドバイザーに就任。
平成27年8月 学校法人芦屋学園芦屋大学の客員准教授に就任。

行政書士法人 第一綜合事務所 代表社員 若松 直
 

少しでも私たちをご理解いただけたらあとは簡単なステップだけで永住ビザ取得です

少しでも私たちをご理解いただけたらあとは簡単なステップだけで永住ビザ取得です

無料でリカバー申請いたします

無料でリカバー申請いたします

お問合せフォームでのご相談はこちらから
【無料】永住権・永住ビザ相談ダイヤル お問合せフォーム メールでのご相談はこちらから
お客様の希望に応じてご提案いたします
お客様の希望に応じてご提案いたします

報酬額と実費費用

報酬額と実費費用

業務内容 金額(税別)

同居のご家族との同時申請(1名につき)

同居のご家族についても、個別に上申書を作成します。また、要件の判断に時間を要するため報酬額が加算されます。
2万5,000円

扶養家族が多い場合

扶養事実の立証ができなければ、永住権は許可されません。そのため、立証作業をおこなう工数が発生しますので報酬額が加算されます。
2万5,000円

5万0,000円

出国が多い場合

永住権の許可を取得するには、出国が多い場合には合理的理由を示す必要があります。当社において出入国歴を明らかにし、その理由をまとめます。
2万5,000円

5万0,000円

収入が少ない場合

永住権の許可要件には、独立生計要件というものがございます。収入が少ないことを理由とする不許可も多いことから、当社にて生計概要を明らかにします。
2万5,000円

5万0,000円

公的義務の不履行がある場合

ある入管では、年金に加入していないことを理由として不許可になる事例があります。この場合、合理的な理由を示す必要があることから報酬額の加算理由としています。
5万0,000円
業務内容 金額(税別)

交通違反が多い場合

違反回数、違反内容にもよりますが、それを理由に永住権が不許可になる可能性があります。そのため、当社にて別途書面作成の工数が発生するため、加算費用が掛かります。
2万5,000円

5万0,000円

過去に入管法違反、刑法違反がある場合

素行善良要件に反する理由については、永住権の審査で大きくマイナスになります。当社において、事件の経緯等をヒアリングし、別途書面を作成します。
5万0,000円

10万0,000円

過去に不許可実績がある場合

ご自分で、あるいは他の事務所で申請して不許可になった経験がある方については、過去の提出書面の分析、不許可理由のフォローのため、加算費用が掛かります。
5万0,000円

10万0,000円

その他の個別の事情がある場合

お客様の状況によって、永住権の申請にかかる準備期間が大きく異なります。上記以外のマイナスの事情がある場合には、理由をお示しした上で加算報酬額を頂戴します。
委細お見積り
  • 上記の報酬額には、消費税は含まれておりません。
  • 上記報酬額は、あくまでも目安になります。お客様の状況によって、当社の報酬額は異なりますので、詳細につきましてはお見積書をご請求のうえご確認ください。
永住権申請の料金についてよくあるご質問をご紹介いたします。 永住権申請の料金についてよくあるご質問をご紹介いたします。
【Q1】見積金額以外に、追加費用は掛かりますか?
A.基本的に追加費用は掛かりません。
万が一、受任後に必要な業務が発生した場合でも、事前にお見積書をご提示し、お客様同意のうえ業務を進めますのでご安心ください。
【Q2】支払方法について教えてください。
A.着手金として当社報酬額の50%を頂戴します。
入管局への提出が完了した時点で、返却資料とご請求書を送付いたしますので、10日以内に残金を当社指定口座までお振込みください。
【Q3】分割で支払うことは可能ですか?また、クレジットカードは利用できますか?
A.分割でお支払いをいただくことは可能です。
ご希望のお客様は、当社担当者までお申し出ください。尚、クレジットカードは利用できませんので、ご了承ください。
【Q4】不許可になった場合には、保証がありますか?
A.万が一、入管局への永住ビザの申請が不許可になった場合には、実費、事務手数料を除き、無料再申請を保証しております。
尚、当社は許可の見込みのない案件について、受任することはありません。
仮に、許可の可能性が少ない場合に、お客様が申請を希望される場合には、十分にリスクを説明したうえで受任することを徹底しておりますので、ご安心ください。
※但し、永住ビザの不許可原因が、虚偽申告、虚偽書面による場合、あるいは後発的な事情により、許可の見込みがないと判断した場合には、無料再申請の保証対象外となります。
【Q5】入管局申請の交通費は、片道1500円だけですか?
A.当社が対応している大阪、名古屋、東京、福岡、広島、高松の入管局への申請交通費は、片道1500円のみです。
差額費用については、全て当社で負担いたします。尚、宿泊が必要となる仙台、北海道については別途交通費及び宿泊費を頂戴いたします。
【Q6】依頼した場合でも、自分で公文書の収集をする必要はありますか?
A.基本的にはありません。当社で取得可能な書面は、全て取得いたします。
【Q7】実際に事務所まで訪問する必要はありますか?
A.ございません。
但し、当事者ではない第三者からのご依頼はお受けしかねますのでご了承ください。
【無料】24時間・365日対応お問合せフォーム
【無料】24時間・365日対応お問合せフォーム

お預かりするお客様の個人情報は、当社「個人情報保護指針」に基いて厳重に管理し、
お客様の同意がない限りお問い合わせ・ご相談への対応以外には使用いたしません。

必須
ご相談内容
入力してください。
必須
お名前
入力してください。
必須
フリガナ
カタカナで入力してください。
必須
メールアドレス
メールアドレスを入力してください。
必須
お電話番号
- -
数値を入力してください。
必須
国籍
国籍を入力してください。
必須
都道府県
選択してください。
郵便番号(自動入力付)
-
数値を入れてください。
ご住所
ご相談内容の詳細

個人情報に関する方針
行政書士法人第一綜合事務所(以下「当社」といいます。)は、個人情報の保護に関する法令の規定等を踏まえ、
当社保有の個人情報に関する方針を次のとおり定めます。
1.個人情報の適正取得について
当社は、個人情報を適正かつ公正な手段によらず、不正な手段によって取得することはありません。
2.個人情報の利用目的について
当社は、適正かつ公正な手段によって取得した個人情報を行政書士業務遂行の範囲内で利用し、
事前にご本人様に同意いただいた場合、あるいは法令等により認められた場合を除き、上記目的以外に利用することはありません。
3.ご本人様からの開示請求等について
当社は、情報の主体であるご本人様から自己の個人情報について、開示・訂正・利用停止等を求められた場合、速やかに適正な措置を講じます。
4.個人情報の安全管理について
当社は、お知らせいただいた個人情報に対して、不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏えい等を防止するため、情報管理体制を構築し、 併せて従業員教育をおこなう措置を講じます。 万が一、当社が管理する個人情報について問題が発生した場合には、速やかに対処すると共に是正措置を講じます。
5.個人情報の第三者提供について
当社は、法令等に定める場合を除き、事前にご本人様の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供しません。
6.法令等の遵守について
当社は、個人情報の保護に関する法令、及び関連するガイドライン、本規約に基づき、適正に個人情報を取り扱います。
7.ご相談窓口設置について
当社は、個人情報の取扱いに関するご相談窓口を設置し、お客様からのご相談に適切かつ迅速に対応いたします。

ご相談窓口
個人情報管理責任者 川西 輝
お電話番号 06-6360-6363
お電話番号 06-6360-6363
メールアドレス info@dsg.or.jp
行政書士法人 第一綜合事務所 代表社員 若松 直

pagetop
Copyright ©2010-2016 行政書士法人 第一綜合事務所
All Rights Reserved.